FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2011年大斎節

11taisai.jpg



〔大斎節第3主日特祷〕
全能の神よ、どうかあなたを呼び求める僕らの願いをみ心に留め、力あるみ手を差し延べてすべての敵を防いでください。主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン



《大斎節》
教会の暦に従って信仰の生活を過ごす私たちにとって、大斎節は身も心も引き締まる時ではないかと思います。今年の大斎節は、3月9日(水)の大斎始日から4月23日(土)の復活日前日までの期間です。

大斎節のこの期間、教会は、イエス様の復活を記念する準備をし、また、イエス様の荒れ野での断食、祈り、そして、試練に遭われたことを憶え、その模範に習って修養・修練の時として来ました。その他にも、復活日に洗礼を受ける人たちの準備の期間としても守ってきました。

大斎節第3主日の特祷は、「主の名を呼び求める者は誰でも救われる」というローマの信徒への手紙10章13節の言葉に代表される思いを込めての祈りがささげられます。「主の名を呼び求める」こと、それは私たちを神への信仰の告白に導いてくれるでしょう。その信仰を、殊にこの期間に、それぞれぞれの場で深めていくことが求められているのでしょう。その日々を経て、イエス様の復活を記念する喜びの日へと、信仰の歩みを続けて行きたいものです。


《克己献金》
日本聖公会では大斎節の期間、大斎克己献金奉献活動を継続しています。克己・修養の一つの見える証としてささげられるこの献金は管区に集められ、①国内伝道強化のため、②海外宣教協力のため、③国内宣教協力のため、の三つの部門に分けられ用いられています。海外宣教協力としては、緊急災害援助、海外在住日本人会衆、協働エキュメニカル活動、アジア・アフリカ支援、アジア太平洋平和和解、重債務国開発協力、海外宣教協働プロジェクトなどのために活用されています。また、国内宣教協力としては、宣教と奉仕のため、2012年の宣教協議会のため、その他に用いられます。今年の目標額は2,250万円です。


《国内伝道強化プロジェクト》
1989年から、大斎克己献金は「国内伝道強化プロジェクト」のために1,000万円をささげ、その働きを集中的に支えてきました。そして多くの果実が与えられています。

北海道教区
 大谷地伝道所(現・新札幌聖ニコラス教会)
 旭川聖マルコ教会地方宣教拠点の設置

東北教区
 聖ペテロ伝道所
 若松諸聖徒教会宣教プロジェクト

横浜教区
 横浜新伝道(現・横浜聖クリストファー教会)
 「柏聖アンデレ教会」伝道所(現・柏聖アンデレ教会)
 浦安集会(現・浦安伝道所)

中部教区
 聖ルカセンター(現・愛知聖ルカ教会・聖ルカセンター)
 国際子ども学校
 可児・美濃加茂ミッション

京都教区
 富山聖マリア教会伝道強化計画

大阪教区
 守口復活教会サポートハウス計画(現・守口ぶどうの家)
 聖公会生野センター

神戸教区
 倉敷伝道所(現・倉敷聖クリストファー教会)

九州教区
 宗像伝道所(現・宗像聖パウロ教会)


これらの箇所にささげられたものが活かされ、現在その働きが継続されています。



《今年は東京教区の月島聖公会将来計画を応援します》
「月島聖公会の新しい歩み ― 東京都中央区に月島という地域があります。1892年(明治25年)に東京湾埋め立て第1号地としてできた街で、造船などの重工業地域として、またそこに働く人々の住宅地として発展してきました。第二次世界大戦の戦火を直接浴びることがなかったため、今でも古い町並みが残っています。一方近隣も含め、この10年間に高層マンションが急激に建ち並ぶようになり、佃や晴海などを含むと月島地域の人口は2010年12月現在約52,000人と10年前の約1.4倍と東京都でも突出した人口増加地域となっています。そしてこの現象は今後10年間継続すると言われています。

月島聖公会は1900年にこの地域にその基を据え、1920年に幼稚園を開設、その後戦時中の中断があったものの1954年に聖ルカ保育園を設立し、幼児保育を通して地域に根ざした大切な宣教使命を担ってきました。一方、礼拝堂と保育室が一体であったために教会としての平日の活動は制限されていました。現在月島地区には独立した聖堂を持つ教会がないことも非常に惜しいことでもありました。また木造築50年を経た保育園舎の建物が老朽化し、耐震的にもこどもたちを受け入れる施設として限界が来ておりました。

そこでこれまで宗教法人立であった保育園を社会福祉法人化し、教会と保育園の合築を決断いたしました。保育園を1,2階、聖堂と牧師館は3階とし、長年の夢であった独立した聖堂を持つこととなります。同時に子育て支援だけではない地域社会への宣教奉仕の業を教会が積極的に平日も展開できるということにもつながります。現在も保育園や技芸教室を含め一週間に延べ1,000人以上の人々が行き交うことから、保育園や地域に開放された場所としての利用も念頭におかれています。教会と保育園との連携をさらに強め、月島聖公会の新しい聖堂を与えられての宣教活動は、これからますます月島地域の人々に神さまの愛を伝える働きとして整えられていくことでしょう。そのために今、教会の方々は信仰の情熱に溢れています。この貴重な使命を果たし続けていくためにも、皆さまの祈りを心よりお願いいたします。(東京教区常置委員長 司祭 笹森田鶴)」

今年の大斎節、あなたにとって有意義な日々となりますように。そして、祈りと献げものを結集し、ひとつひとつの宣教の働きを支え、邁進していきたいものです。


2011年 大斎節
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相澤牧人

2011.02.28 | 大斎節

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。