FC2ブログ

「社会事業の日」信施奉献のお願い

19syakai.jpg

「今飢えている人々は、幸いである、あなたがたは満たされる。
今泣いている人々は、幸いである、あなたがたは笑うようになる。」
(ルカ6:21)


+主の平和がありますように

今年も豪雨や台風など災害の多い夏でした。
不安な生活をされている方々、支援活動に関わる方々のことを覚えて祈り、ご支援くださっていることを心より感謝申し上げます。

さて、日本聖公会総会決議により、1977年から毎年の特定25の主日(今年は、10/27聖霊降臨後第20主日)を「社会事業の日」と定め、本年は日本聖公会社会福祉連盟の推薦により、下記の働きを覚えて祈り、当日の信施をその働きに献げることとなりました。

社会事業の日設置当初の提案理由には、「キリストの愛によって行われているこれら社会事業は、キリストの救いのみ業の延長線上にあるものであり、キリストの模範にならってなされるところの日本聖公会の礼拝・伝道・奉仕という使命の一部を担っているものであると考える」とあり、2012年の宣教協議会の提言には、「教会の歩みの中で生まれてきた施設(保育園・幼稚園・学校・医療・社会福祉施設など)が宣教の働きであることを再確認し、地域社会においてそれらの施設と協働していきます」と、教会の歩む道のひとつとして提言しています。

私たちはこの思いを改めて確認し、日本聖公会に属するすべての社会事業の働きを覚え、神さまの導きと祝福をお祈りしたいと思います。

2019年9月25日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 矢萩新一



 (株)なんてん共働サービス(滋賀県湖南市)
  ・新規事業 小規模多機能型高齢者施設『樹希』の運営支援のため

 (福)九十九里ホーム(千葉県匝瑳市)
  ・台風15号の被害を受けて損壊した関連施設復旧のため


★参考
・株式会社 なんてん共働サービス ホームページ → こちら
・社会福祉法人 九十九里ホーム ホームページ → こちら


2019.09.27 | 社会事業の日

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード