FC2ブログ

海の主日のご案内

海の主日2008



今年も「海の主日」を迎えようとしています。私たちの祈りが、神様のもとに届けられ、海で働く一人一人がお護りのうちに日々過ごすことが出来ますことを願います。
MTS総主事の司祭ビル・クリスチャンセン師のメッセージに耳を傾け、海で働く人たちの働きによって、私たちの生活が成り立っていることを再確認し、彼らの安全を祈りましょう。7月13日の「海の主日」には、代祷の中で「海の仕事に従事する人たちへの祈り」をささげ、私たちの願いがひとつとなってみ前に届きますように。

2008年6月25日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相沢牧人





■MTS総主事 司祭 ビル・クリスチャンセンからのメッセージ

皆様海の主日は毎年7月第二主日で、今年は7月13日にあたります。この日を覚えて船員の方々及びミッショントゥシーフェアラーズ(MTS)で働いている方々のためにお祈りください。またこの日に限らず、いつでもお祈りくださることをお願い致します。私たちの生活に必要な物資、即ち食料品、石油やその他の燃料などの運搬のために、船員たちは何千キロメートルの海の旅をしています。船員の活躍は必要不可欠であるにもかかわらず、労働条件は非常に過酷であり、孤独です。MTSは教会や信徒の皆さまに代わって、世界中230箇所にあるセンターを通じ、できるだけ多くの船員に霊的な支援と日常生活における必要に応じた援助を勤めています。ともすれば彼らが忘れられがちな存在であることも認識し、手を差し伸べています。最後にここでもう一度、センターの関係者がこの大切な活動を継続できるよう、皆さまに支援をお願いしたいと思います。海で働く人々とMTSの働きを皆さまの内にお覚えてお祈りください。






■2008年海の主日のための祈り

海の仕事に従事する人たちへの祈り陸と海の創造主である神よ、海で働く人々を祝福してください。海が穏やかな時も、嵐の時も、困難にある時も、危険にさらされている時も、彼らと共にいてください。疲れている時には力づけ、悩みのうちにある時には支えください。また、愛する者たちから遠く離れ寂しさにかられた時、慰めをお与えください。この世では安全に岸辺に戻らせてください。来るべき世ではあなたの神の国に受け容れてください。主イエス・キリストのみ名によって アーメン

2008.07.08 | 海の主日

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード