FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

沖縄週間ポスターの掲示と、沖縄週間および、沖縄の旅のためにお祈りをお願いします

18okinawa.jpg

今年の「沖縄週間」は6月17日(日)から23日(土)となります。
「沖縄週間」は、日本聖公会全教区の教会・伝道所が沖縄の苦難の歴史と記憶を継承し、そして沖縄の現実に思いを寄せ、私たち自身が主の平和を求めて祈ることを目的として定められています。

沖縄県が本土に復帰してから46年が経とうとしている今年5月14日(月)、辺野古を訪れました。
今、辺野古の沖では米軍の新基地建設のための強行工事が進められ、埋め立て区域南側を覆っている護岸の工事はほぼ半分完成しており、夏頃には土砂投入を始め、埋め立て工事を本格化させるのではないかと伺いました。
日本政府はいったいどうしてそこまでして、強行に工事を進めるのでしょうか。沖縄県が本土に復帰する前年1971年に復帰措置に関する建議書が提出されていますが、そのはじめには「基地のない平和の島としての復帰」が望まれていました。ところが復帰後46年が経った今でも、米軍基地の集中度は復帰時の75%に比べ、殆ど整理縮小が進んでいないのです。
そればかりか、近年に絞って言えば、一昨年の米軍による女性暴行殺人事件、オスプレイの墜落事故、昨年の普天間第二小学校への米軍ヘリコプター窓の落下事故等が頻発し、沖縄県の皆さんの命が脅かされています。
日本政府はこのような事態を知らないはずはないのに、基地の負担を軽減するどころか、今もなお辺野古への新基地建設を強行しているのです。
47年前に望まれた建議書のはじめにある「基地のない平和の島としての復帰」も、現在の沖縄県の皆さんの思いにも、耳を傾けることなく辺野古への新基地建設を強行している、それが沖縄県が本土に復帰して46年が経とうとしている前日に、ドローンが何度も何度も頭上を飛んでいた辺野古で感じたことでした。

聖パウロは、フィリピの信徒への手紙の中で『何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。』と言っています。
それは私たちの誰もが大切にしておきたいみ言葉です。辺野古への新基地建設を強行している日本政府も、私たち一人ひとりも大切にしておきたいみ言葉です。
「私はまず聖書を読んで、祈ってから平和活動に出かけているの」これは、沖縄で平和活動をする、ある方が大切にしておられる姿勢です。確かに、この、聖書を通して神様の御心を自分の心に刻み、魂の呼吸である祈りがなければ、理解や意見の食い違いから罵詈雑言が生まれてしまうかもしれません。相手の意見に耳を傾けずに、ただ罵るだけでは、本来の平和、私たちが望んでいるキリストの平和という的から外れてしまう、脱線してしまうことになってしまうかもしれません。

今年も沖縄週間で目と心を天に上げて、キリストの平和が広がっていくようにと共に祈ってください。
各教会・伝道所・礼拝堂で同封のポスターを掲示いただいて、6月17日の主日礼拝の中では「沖縄週間の祈り」を一緒に祈ってください。
沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会は、6月22日(金)から25日(月)までの間、「命どぅ宝 ~キリストを生きる~」のテーマで「沖縄の旅」を開催いたします。是非、このプログラムのためにもお祈りくださいますよう併せてよろしくお願いいたします。

2018年5月17日
日本聖公会正義と平和委員会
委員長 主教 上原榮正 
沖縄プロジェクト担当
司祭 長田吉史



沖 縄 週 間 の 祈 り

歴史と生命の主である神よ、私たちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通して私たちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
私たちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン


日本国憲法 第2章 戦争の放棄 第9条
〔戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認〕
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


日本聖公会 沖縄教区
日本聖公会 正義と平和委員会

2018.05.24 | 沖縄週間

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。