沖縄週間ポスターの掲示と、沖縄週間および、沖縄の旅のためにお祈りをお願いします

今年の「沖縄週間」は6月19日(日)から25日(土)となります。「沖縄週間」は、日本聖公会全教区の教会・伝道所が沖縄の苦難の歴史と記憶を継承し、そして沖縄の現実に思いを寄せ、私たち自身が主の平和を求めて祈ることを目的として定められています。

現在、沖縄では辺野古への新基地建設が一時中断され、ゆっくりと撤退されていますが、緑豊かな高江では、日々不穏な動きが高まってきています。この地区と隣り合わせになっている米軍北部訓練所には22か所のヘリコプターの着陸帯(ヘリパッド)があり、区民の皆さんは爆音や墜落の危険の中での生活を強いられてきました。そこへ防衛局は2007年7月から新たに6か所のヘリパッド建設工事を強硬に開始し、2014年3月には一番近い民家から約500mしか離れていないところに1つのヘリパッド(N4)を完成させ、これによって昼夜を問わず住宅地や小学校、中学校の上を低空飛行されるようになってしまったのでした。本土に生きる殆どの人にとって、「爆音に苦しめられない生活」、「空からの危険に怯えない生活」とは当たり前のようなことではないでしょうか。でもその当たり前は区民の皆さんにとってはまったくもって当たり前ではない。そしてその当たり前を、最近になって、より一層奪い取られてしまう動き、それは6つのヘリパッドのうち未完成の4つを年内に完成させようとする動きが日々高まってきていると言うのです。

「平和」って何なのでしょうか。私たちの誰もが求めている「平和」っていったい何なのでしょうか。それは自分の、あるいは自分たちの何かしらの主義主張や利益のために誰かを、何かを排除してまで、そして傷つけたり、苦しめたりしてまで手にするものなのでしょうか。

今年も沖縄週間で目と心を天に上げて、キリストの平和が広がっていくようにと共に祈ってください。ヨハネによる福音書が伝えていますように、『わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。』とのイエス様のみ言葉をゆっくりと味わいつつ、キリストの平和が広がっていくようにと共に祈ってください。「誰かが「こうすることが平和だ」と言っていたので、ただ無条件に自分もそのように考えようとする「平和」」、また「長いものに巻かれてしまうような「平和」」、例えばそのような「わたしの平和」ではなくて「キリストの平和」を、です。そして同封のポスターを掲示いただいて、特に6月19日の主日礼拝の中では「沖縄週間の祈り」を一緒に祈ってください。沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会は、6月24日(金)から27日(月)までの間、「命どぅ宝 ~平和って何?わたしの平和、キリストの平和~」のテーマで「沖縄の旅」を開催いたします。是非、このプログラムのためにもお祈りくださいますよう併せてよろしくお願いいたします。

2016年5月17日
日本聖公会正義と平和委員会
委員長 主教 渋澤一郎 
沖縄プロジェクト担当
司祭 長田吉史



沖 縄 週 間 の 祈 り

歴史と生命の主である神よ、私たちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通して私たちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
私たちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン



日本国憲法 第2章 戦争の放棄 第9条

〔戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認〕
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



日本聖公会 沖縄教区
日本聖公会 正義と平和委員会

2016.05.20 | 沖縄週間

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード