スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

「ハンセン病問題啓発の日」に関してのお願い

hansen14.jpg

立ち上がって、行きなさい。
あなたの信仰があなたを救った。
(ルカ17:19)



十 主の平和
今年一番の寒さになっているようです。今年も「ハンセン病問題啓発の日」(2014年2月16日:顕現後第6主日)が近づいてきました。

1907年に「癩予防法」が制定され1953年に「らい予防法」に改定されましたが、1996年に廃止されるまでの約90年間差別の中にあり続けました。2003年に熊本で回復者への宿泊拒否という人権侵害事件が引き起こされました。2004年第55(定期)総会に九州教区の聖職・信徒代議員によって「ハンセン病問題啓発の日を設け、ハンセン病問題への理解が深まるために祈る件」が提案され可決されました。

1951年ハンセン病施設国立療養所菊池恵楓園の患者Fさんが強制入園を余儀なくされた逆恨みとして村役場衛生課職員を殺したということで起訴されました。療養所内での非公開、不公正な裁判により死刑判決がくだされ、1962年死刑が執行されました。現在、「菊池事件の再審請求を求める署名」活動がなされています。

どうぞ、礼拝の時に「ハンセン病問題への理解が深まるための祈り」を用いてくださいますようにお願いします。また、「盆踊りの夜に」(杉野桂子・菊池恵楓園)を合わせてお読みいただければさいわいです。


人権問題担当主教 大西 修
管区人権問題担当者一同
2014年1月22日





「ハンセン病問題への理解が深まるための祈り」

慈しみ深い神よ、み子イエス・キリストは病気のために差別された人々を深く憐れみ、み手を差し伸べて癒されました。キリストに倣って生きる者とされたわたしたちは、一人ひとりが大切にされて生きる社会を築こうと願い求めます。ことにハンセン病を患ったために社会から見捨てられ、苦渋の人生を生きなければならなかった人々の苦しみを思います。これまでに、この苦しみに関心を寄せず、また差別する社会を改める働きをしてこなかったことを思い、懺悔いたします。どうか、すべての人々が、この病気の事実、また回復者の現実など、ハンセン病をめぐる問題を理解することによって、み心にかなう社会を建設することができますように、多くの苦しみの中にある人々の友となり歩まれたみ子、わたしたちの主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

(2010年1月 管区人権問題担当者作成)





「盆躍りの夜に」

杉野桂子(菊池恵楓園)


 ともに去年は踊った友も
 今年は御魂のその数に入る
 それを思えば踊らにゃ済まぬ
 明日の無情は我が身にかかる


 これは昭和の初めから歌い継がれてきた「恵楓盆踊りの歌」の一節である。昔は櫓を組んで、その周りを三日三晩踊り明かして物故者を偲んだそうであるが、入所者も400人を切り高齢となって、踊る人は20人足らずとなった。今は、唄い手も踊り子も、職員・その家族、地域の人たち、ボランティア等々に支えられての盆踊りである。

 今年、初盆を迎えた御霊は9柱で、その中の3人のお骨は幸いなことに家族に引き取られて行った。

 私の夫がお世話をしていたMさんも今年5月に87歳で亡くなり、甥たちが故郷に連れて帰った。両親の眠る墓に納骨し、初盆の法要を済ませたという知らせに「Mさん、良かったね」と語りかけながら、生きているうちに帰りたかったであろうMさんの苦難の人生を思った。

 Mさんは徴兵検査でハンセン病と判って不合格となり、父親から「国の役に立たないやつは死ね!」と喉元に日本刀をつきつけられたそうである。居場所がないMさんは故郷の関東を離れ、草津や東京の療養所を渡り歩いて、遠い九州の恵楓園で最期を迎えた。脳梗塞で倒れて3年余り、寝たきりのMさんだった。父親を許せないと憤っていたMさんも年を取るほどに、故郷の墓に入りたいと願うようになり、甥たちがその夢を叶えてくれて、60数年ぶりに故郷に帰ることができたのである。

 3月初めに脳出血で倒れ、半身不随になった夫はリハビリの訓練で少し歩けるようになり、自分も初盆の御霊の数に入ったかも知れないと言いながら、車椅子を押してもらって盆踊りの輪に入った。

 開園以来の物故者3600余り、あの人、この人の顔を思い浮かべながら「恵楓盆踊りの歌」の歌詞がいっそう寂慮を誘った夜であった。 

スポンサーサイト

2014.01.29 | ハンセン病問題啓発の日

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。