「社会事業の日」の信施奉献のお願い

12shakai.jpg

天にある者よ 主をたたえよ み旨を行う僕たちよ 主をたたえよ
(詩編103編21節)



主の平和

各地で主のみ業のために労しておられる教会・伝道所・礼拝堂の上に、導きがさらに豊かにありますように。

さて、1977年に行われた日本聖公会第34(定期)総会の決議により、特定25の主日が「社会事業の日」と定められ、社会事業の働きを覚えて、代祷をささげ、信施を奉献することとなっています。そして、その働きが今日まで続けられています。(今年は10月28日・聖霊降臨後第22主日です。)

この決議がなされたときの議案の提案理由として「キリストの愛によって行われているこれら社会事業は、キリストの救いのみ業の延長線上にあるものであり、キリストの模範にならってなされるところの日本聖公会の礼拝・伝道・奉仕という使命の一部を担っているものであると考える。」と述べられています。私たちはこの思いを再確認し、ことにこの社会事業の日には、日本聖公会に属するすべての社会事業の働きを憶え、神様の導きと祝福が注がれますようにと祈りをささげていただきたいものです。

今年の社会事業の日の信施は、中部教区にある「新生病院創立80周年記念新規事業」にささげることになりました。その事業とは、地域密着型医療機能を充実させるための在宅医療事業、地域予防医療事業、海外・災害時医療協力事業の再構築などです。どうぞお覚えくださり、祈りと共におささげください。
主にあって

2012年10月11日
管区事務所 総主事 司祭 相澤牧人


新生病院ホームページ
http://www.newlife.or.jp/

2012.10.15 | 社会事業の日

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード