スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

海の主日 2012年

12sea.jpg

彼らは大海原で主のみ業と 不思議なみ業とを見た
神は彼らを目指す港に導かれ 彼らは静かな海を楽しんだ
(詩編107編24節、30節)



主の平和

毎年7月の第2日曜日は、日本聖公会総会の定めで、「海の主日」として守っています。海で働くすべての人々の福祉と安全のため、また、この人々に奉仕している聖公会およびキリスト教諸教派の海員宣教団体のために、ことに、横浜・神戸・苫小牧にあるミッション・トゥ・シーフェアラーズ(MtS)の働きを憶えて祈ります。そして、当日の信施をその働きを支えるためにささげることになっています。

詩編作者は「彼らは大海原で主のみ業と 不思議なみ業とを見た」「神は彼らを目指す港に導かれ 彼らは静かな海を楽しんだ(詩編107編24節、30節)」と歌いました。

神の導きの中にあっても、海の上での危険な働きに就かれている海員の方々のことを憶え、詩編作者の信仰を共有し、その安全のために祈りたいものです。

今年は7月8日(聖霊降臨後第6主日)がその日に当たっています。どうか、当日の主日の礼拝の中で、お祈り(7月の代祷表に掲載)と信施をおささげください。


2012年6月20日
日本聖公会管区事務所 
総主事 司祭 相澤牧人





現在、神戸MtSで奉仕されているジョン・バーグ司祭より、MtSについての紹介・要請文が届いておりますので、紹介いたします。


神戸MTSからご挨拶を申し上げます。

神戸MTSの状況を報告する前に、船員のためのMTS活動は世界中に展開されていることをお覚えください。神戸の他に苫小牧や横浜でも活動しています。
MTSの活動を理解していただくために、最近の神戸MTS(以下センター)の活動状況を説明いたします。

センター責任者のポール・トルハーストは神戸教区所属の聖職志願者で、ノッティンガムの聖ヨハネ大学で6週間聖職養成講座の授業を受けました。そして2012年の9月には執事按手を予定しています。

名誉チャプレンのジョン・バーグは健康上の問題を克服し、センターの良きおじいさんとして元気に活動を再開しました。

2012年は人数に関してはかなりの変動はあるものの、船員たちはセンターを訪問することを楽しみしているようです。

聖金曜日の礼拝についてお話します。船員たちの港に滞在する時間はかなり限られていて、短い場合は半日くらいです。従って礼拝に関しても常時船員たちの都合を念頭に置く必要があります。また、クリスチャンの船員に限らず、ノンクリスチャンの船員が参加しやすいように工夫が必要です。従って棕櫚の日曜日、聖週、聖金曜日、イースターを一緒にして聖金曜日の夕方に礼拝をしました。
この準備のためにいつもはバーに置かれている卓球台を移動し、祭壇をバーに設置して礼拝堂にしました。船員たちはコンピューターに囲まれていすに座ったり立ったりして礼拝がもたれました。聖週の活動のビデオをジョンが見せ、聖書朗読と聖歌は現代英語版のものを使用しました。ことに音楽・聖歌はジャズ、ゴスペル、フォーク、等でした。50人以上が陪餐しましたが、内30名がフィリピン人ないしはインド人、その他は聖アンデレ教会信徒とセンターのボランティアでした。

平和の挨拶もすばらしく、また、私たち二人が会衆の中を動きながら陪餐をしましたが、ある一人の船員はその間中ずっとパソコンとスカイプで母国の家族と話をしていました。聖餐式に出席したセンター理事が礼拝にとても感動していましたし、私自身多数の若年層が参加し、キリストの体としてパンを受けてくれたことに対して涙が出るほどに感動しました。このような形式の聖餐式は英国聖公会ではあまり経験しないことです。

どうぞ船員たち、その家族、友人たちを覚えてお祈りください。また、ソマリアで海賊に捕えられた人々や外国で病気になり入院している船員たちのことも覚えてお祈りください。

神戸MTSの働きが日本聖公会全体の働きの一部であり、お役に立てることを祈っています。




「海の主日」の特祷
シー・サンデー(2012年は7月8日)、その他適宜用いる。

全能の神よ、あなたの道は海の上に、あなたの歩かれる小路は大海の上に
あります。
どうか、深い淵の上で多くの危難に出会う人々と共にいてください。彼らをす
べての危険から守り、その航海を幸いなものとし、主のいつくしみを感謝しつ
つ、ついに望む港に着くことが出来ますようにお導きください。主イエス・キリ
ストによってお願いいたします。アーメン


代祷表2012年7月より転載

スポンサーサイト

2012.06.21 | 海の主日

沖縄週間ポスターの掲示と、沖縄週間および、 沖縄の旅のためにお祈りをお願いします

12oki.jpg


主の平和がありますように。

 東日本大震災で亡くなられた方々、今なお行方不明の方々、身に心に痛みや傷を負われた方々、被災され困難の中にある方、避難生活を余儀なくされている方々、危険な仕事に従事している方々、復興・支援活動に従事している方々のことを憶え、主の平安・慰め・力添えをお祈り致します。

 今年は6月17日(日)~23日(土)が、2006年の日本聖公会第56定期総会で設置された「沖縄週間」となります。「沖縄週間」は、日本聖公会の全教区・教会が沖縄の現実に思いを寄せ、私たち自身が主の平和を求めて祈ることを目的とするものです。

 まず今回のポスターについて説明させて頂きます。沖縄では3月11日(日)の午後2時、東日本大震災の被災者の方々への黙祷をささげた後、「アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」の報告会がありました。沖縄県内の複数の平和活動団体-嘉手納基地爆音訴訟弁護団、生物多様性市民ネットワーク、高江ヘリパッドいらない住民の会、ヘリ基地反対協議会等の代表と県選出国会議員、県議会議員、市議会議員、東京の大学・大学院の教授等-総勢18名による訪問団を結成し、半年以上の準備期間の後、今年の1月21日から28日にかけて米国本土を訪問しました。この訪問団による沖縄の現状と声を届けてきた報告会です。4つのグループの報告の共通事項は、面談した米国の要人、共和・民衆党の複数の上院・下院議員、国務省役員、軍事委員、複数のシンクタンクのメンバーが沖縄の現状をほとんど知らない、認識がないこと、彼らには県民の声は何も届いていなかったということでした。このことは訪問前から懸念されていたことでしたが、更に日本政府への不信感を裏付けることとなったのです。訪問団は、これからも地元での地道な活動と直接米国本土を訪問し、要請行動を続けることを表明しました。このポスターはその報告会を傍聴した沖縄プロジェクト・スタッフによって作成されました。

 沖縄では今なお、普天間基地移設に関係する「基地問題」、辺野古への新基地建設、高江地区ヘリポート建設問題(海外で墜落事故が相次ぎ、原因がまだわかっていない垂直離着陸輸送機MVオスプレイの配備)等、平和憲法が遵守されたことのない危険で厳しい状況が続いております。

 第58定期総会では、「基地の負担軽減、新基地建設の中止を訴える」ことを決議しました。その中で、「わたしたちは、平和の主であるイエス・キリストに従う者の群れとして、沖縄・辺野古への新たな米軍基地建設に断固反対し、各地の米軍基地の縮小を求めます」と述べています。私たちは今年も沖縄週間において、日本聖公会に連なるすべての人々と、沖縄のこれまでの経験と現在を共有し、平和への祈りを深め、具体的な取り組みができればと願っております。

 どうぞポスターを掲示頂き、特に6月17日(日)の主日礼拝の中で「沖縄週間の祈り」をおささげください。また、沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会共催「沖縄の旅(6月22日~25日テーマ:命どぅ宝~わたしたちが頼るべきもの)」のためにもお祈りください。


2012年5月27日
日本聖公会正義と平和委員会
沖縄プロジェクト担当 司祭 アンデレ磯 晴久



沖縄週間の祈り

歴史と生命の主である神よ、私たちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通して私たちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
私たちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン




日本国憲法 第2章 戦争の放棄 第9条
[戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認]
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



日本聖公会 沖縄教区宣教部
日本聖公会 正義と平和委員会

2012.06.11 | 沖縄週間

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。