「神学校のために祈る主日」を迎えるにあたって

shingakko12.jpg

羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる(ヨハネ10:16)


 主イエスの復活の喜びの期節を、豊かに味わいながらお過ごしのことと思います。

 日本聖公会では、毎年、いくつかの特定主日を定め、その特定の働きのために祈り、信施をささげ、その働きを支える活動を継続しています。

 来る4月29日の復活節第4主日は、「神学校のために祈る主日」と定められています。日本聖公会総会は、この日に、聖公会神学院とウイリアムス神学館のために祈り、当日の信施をささげることを決議しました。

 聖公会神学院では、今年3名の方が入学され、合計6名の方が、また、ウイリアムス神学館では、6名の入学者があり、合計12名の方が学びを続けておられます。どうか、この両神学校の神学生の学びの上に、また、教授、スタッフの方々の働きの上に、神様の導きと祝福、励ましが与えられえますようにとの祈りをおささげいただければと願います。そして、その業が全うされますようにと、私たちは祈りを持って支えていきたいものです。
主にあって


2012年4月10日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相沢牧人

2012.04.23 | 神学校のために祈る主日

ポスター掲示のお願い

kenpo2012.jpg


主の平和
正義と平和委員会・憲法プロジェクトでは、昨年に引き続き今年も、憲法記念日(5月3日)を迎えるにあたりポスターを作成いたしました。各教会、礼拝堂におかれましては、訪れる皆さんの目に留まる場所に、掲示していただけますように、また、ポスターのお祈りを、礼拝や集まりの折に、共にお捧げくださいますようお願いいたします。
このポスターが、憲法を想い起こし平和を祈るひとつのきっかけになりますようにと願っております。


2012年3月28日
日本聖公会正義と平和委員会
憲法プロジェクト



■ポスターに記載されている祈祷文




主よ、私たちは、
戦争で奪われた幾千万の
いのちの叫びから生まれた平和憲法を、
あらためて想い起こします。
この平和憲法を豊かに用い、
今、多くのいのちがおびやかされている現実を覚えて、
主が愛される一人ひとりのいのちを大切にしあう世界へ
歩み出す勇気と力をお与えください。


2012.04.09 | 正義と平和・憲法プロジェクト

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード