スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SEA SUNDAY MESSAGE 2010

日本聖公会は総会で、毎年7月の第2主日を「海の主日」と定め、すべての海員とその方々に奉仕している働きを覚え、祈りと共にその主日の信施を献げることを決議しています。今年は7月11日(聖霊降臨後第7主日・特定10)が海の主日に当たります。
 横浜ミッション・トゥ・シーフェアラーズ(MtS)のケビン・マデイー司祭がSEA SUNDAY MESSAGEを書いてくださいました。これをお読みになり、理解を深めていただければと願います

2010年6月22日
日本聖公会管区事務所 
総主事 司祭 相澤牧人


10umi.jpg



わたしたちに必要な糧を今日与えてください。マタイによる福音書 6:11



毎日口にする糧やその他の日常必需品をどの様な経路で入手しているか考えた事がありますか。もちろん全てのものは神様が与えて下さっている事に対して感謝しなければなりません。但し、神様からこれらのものが直接与えられるわけではなく、日本のような島国では殆ど全ての輸入品は船によって運ばれています。ほぼ90%の必需品が海上輸送によって輸入されています。その例は、小麦粉を中心とする穀物類、塩や砂糖、石油や天然ガス等の燃料です。その他自動車の原材料、建築材の原材料などもその一例です。この様に輸送の為の船舶と船員無しには食料を始め、私たちの生活を維持することは困難です。

神様は私たちに人に尽くす事の素晴らしさをお教え下さいました。今日は殊に海と関連している人々のことを覚える日です。船員が私たちの為に働いてくれている事を目にする事は少なく、また、私たちはその事を忘れがちです。私はM t Sのチャプレンとして船を訪ねて船員と面会します。彼らは私のような人間が尋ねることをとても感謝してくれます。即ち船員の事を考えお世話をする人がいることを知って喜ぶのです。船員達がフィリピンのカトリック信者であるか、インドネシアのイスラム教徒であるか、タイの仏教徒であるか、ロシアの正教徒であるか、あるいは中国人であるかは関係なく、彼らは聖書に書いてあるように「今日の糧」を運ぶ為の仕事をしてくれているのです。彼らはある時は危険を冒し、何ヶ月も家族や友人から離れ、全く船の中だけの生活を過ごします。又、この様な状況が人の目に付く事は殆どありません。IMO( International Maritime Organization: 国際海事機関、国連の専門機関のひとつ)は今年を「船員の年」と宣言し、船員の厳しい生活や環境の事をもっと国民に見える形にしようと努力しています。今日の糧を家庭であるいは教会の聖餐式で共有する際にこの事を覚えて下さい。「海の日」は神様が海事に関連する人たちを見守ってい下さる事を教えてくれます。私達もその事を忘れないようにしましょう。





SEA SUNDAY MESSAGE


‘Give us today our daily bread’ Matthew 6: 11



Have you ever thought what it takes to get our daily bread, or any of the other things we use every day and take for granted? Of course all things come from God and, as Christians, we should give thanks to God each day for the good things that we receive. But our daily bread and other vital commodities do not just appear straight from God’s hands on our tables or in our homes. Although many things come from the land or from human industry, many of the things we need as an island nation come to us over the sea. It is estimated that over 90% of our daily goods and materials in Japan come to us from outside these islands, and that means over the sea. The wheat and grain, salt and sugar we use in our daily bread all comes to us over the sea. The oil, gas, nuclear and other materials that power our bakeries and homes in order that we can make bread all comes to us over the sea. The raw materials to build our delivery vehicles, and the fuel to power them, come to us over the sea. Without ships and those who sail them we would have no daily bread and the large population of these islands would be starving and in poverty.
One of the ways in which God gives his good gifts to us is through the hard work and commitment of others. Today we celebrate those who work hard to bring us the gifts of God’s creation over the sea. Seafarers play a very important role in our lives and it is often easy to forget about them, especially if we live far from the sea. As a Chaplain to Seafarers I visit many seafarers on their ships and they are always pleased to know that someone is thinking about them. It doesn’t matter whether they are Filipino Catholics, Indonesian Muslims, Thai Buddhists, Russian Orthodox or Chinese non-religious, all seafarers are helping God in his work of bringing us our daily bread. Every day they risk life and limb to carry out this essential work of trade, often without seeing friends, family or even others outside their ship community for months. Their lives are often hidden from view and it is easy to forget about them. This year the International Maritime Organisation has declared to be ‘The Year of the Seafarer’ in the hope that many more people will remember this hidden and hard working community. As you share your daily bread today – both at home and in the Eucharist – remember those seafarers who have worked hard to bring your daily bread over the sea. They deserve your prayers and your thoughts on at least one day of the year. Sea Sunday reminds us that God cares for the people of the sea – let us remember to care for them too.

スポンサーサイト

2010.06.28 | 海の主日

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。