スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

聖公会生野センターのための主日

聖公会生野センターのための主日ポスター 2009


見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。(詩編133:1)


 日本聖公会は総会で、3月1日に近い主日を「聖公会生野センターの働きを憶えて祈り、信施をささげる」ことを決議しました。2008年5月に開催された57(定期)総会でもこのことが再度取り上げられ、2012年まで継続することが決まりました。

 聖公会生野センターがどのような働きをしているかなどについて、副理事長の斎藤壹司祭に現状を寄せていただきました。これらをお読みくださり、また、お知らせくださり、この働きを憶え、祈り、主日の信施をこの働きのためにおささげくださればと願います。


2009年2月18日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相沢牧人






主の平和が皆様とともにありますように。
 立春が過ぎ、日差しにかすかな春の気配を感じる昨今です。教会暦ではまもなく大斎節、ご準備に余念のない日々をお過ごしのことでしょう。

○3月1日(大斎節第1主日)の献金は『聖公会生野センター』のためにお献げください!
  日本聖公会第57(定期)総会の際、3月1日(朝鮮独立宣言が発表された日)に近い主日の信施を献げることが決議され、1993年以来継続されてまいりました。

○どうして献金が始められたの?

  1980年代、指紋押捺拒否、外登証常時携帯拒否運動の高まりの中、日本聖公会は「日韓聖公会宣教セミナー」での学びを通し、戦前から張本栄師によって朝鮮人のために始められていた『聖ガブリエル教会』の存在を初めて意識したのです。同教会の聖職・信徒は戦中・戦後、筆舌に尽くせない辛酸をなめていました。日本聖公会は全国募金をし、謝罪と和解のしるしとして教会の再建を計ることを決めました。その際、住民の4分の1が在日韓国・朝鮮人という大阪市生野区に教会を再建し、日本人と在日韓国・朝鮮人との出会いと学びの場として『聖公会生野センター』を始めることにしたのです(1992年)。また地域へ仕えることを念頭に、(社福)『博愛社』の協力も得、『こひつじ乳児保育園』も同じ場所で始められました。

○狭い空間で16年、頑張りました。
園庭と駐車場も含めて約100坪の土地。そこに建つ建物に、教会・保育園・牧師館・会館・センター事務所(共同)がありました。限られた空間を工夫しながら16年活動を継続してきました。韓国語教室、障碍者を中心とした美術教室、地域寄席、更に民家を借りて在日高齢者の集いと昼食サービス、知的障碍者への生活サポートなども始めてきました。社会的な位置づけを願い、2005年にNPO(特定非営利活動)法人にもなりました。しかし、福祉の谷間にある人々を大切にしたい思いは、財政的にはいつも苦しい状況です。

○新しい拠点で、充実をめざして!
  幸いにも昨年、そう遠く離れず、在日住民がより多く住まう場所に32坪の物件(一部3階建)を安価で借りることが出来、移転しました。利用者は増加し、喜ばれています。冒頭の聖句そのものです。財政的には厳しい状況ではありますが、精一杯の努力をしています。昨年は貴重な大斎克己献金を賜り、実にありがたいことでした。改修移転費用に用いさせて戴きました。心から感謝申し上げます。今年はスタッフも強化し、財政基盤の強化を図り、更に充実した活動につなげたいと願っています。皆様のご理解とご協力を得ながら、現在の物件を近い将来に取得できるようにと計画しています。
  皆様の熱い祈りとご支援をお願いいたします。


2009年2月12日
聖公会生野センター 
副理事長 司祭 齊藤 壹
http://www.nskk.org/ikuno/


スポンサーサイト

2009.02.20 | 聖公会生野センターのための主日

大斎克己献金2009

大斎節ポスター2009


2009年2月25日~4月11日

隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。
(マタイ 6:4)

「永遠にいます全能の神よ、あなたは造られたものをひとつも憎まず、悔い改めるすべての罪人を赦してくださいます。どうかわたしたちのうちに悔い改めの心を新たに起こしてください。わたしたちが罪を悲しみ、その災いを悟り、完全な赦しと平安にあずかることができますように、主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン」

この『大斎始日』の祈りをもって大斎節が始まります。大斎節は、イエスさまの復活を迎える準備の期節ですが、その成り立ちのひとつに、復活日に洗礼を受ける人のための準備をする期間として守られていました。そこから、洗礼を受ける人以外も、復活日を迎える準備の期間として守られるようにもなりました。
その過ごし方として、「祈り」「断食」「施し」が勧められてきました。この三つのことを言い換えるなら、『礼拝出席、奉仕、克己献金』と言えるのではないかと思います。そしてこれらの過ごし方は、各人が自分の責任において考え、決め、実行なさっていくことなのだと思います。

ひとつのすてきな話があります。入院して重い病気の床にあった女性を見舞いに出かけた。その方は病気の故に長い間教会に行くことができなかった。そのため月約献金が滞っていることが気になっていた。そのことを聞かされた訪問者は、重い病にあるのだから、今はそんなこと気にしなくてもいいのではないですか、と慰めると、その方は「これは神さまとの約束だから」と毅然と、しかし、優しくおっしゃった、とのことです。

「神さまとの約束」、すてきな言葉ではないでしょうか。そして、すばらしい信仰の姿ではないでしょうか。この想いの根底にあるものは、大斎節を過ごそうとする私たちに豊かな指針を与えてくれるものです。一年間の信仰生活の中での40日間の大斎節は、ことに自らを振り返ることのできる時ではないかと思います。その中で“神さまとの約束”をあなたはどのようにするのでしょうか。

さて、日本聖公会では、毎年「大斎克己献金」を呼びかけています。今年の目標額は2,250万円です。大斎節を過ごす中で祈りささげられるこの献金は、管区に集められ、大きく分けて三つの目的のために用いられます。

①海外教会宣教協力のため ②国内宣教協力のため、そして、 ③国内伝道強化のためです。国内伝道強化のための枠では、毎年一か所の働きに集中して祈り、支えます。今年は、中部教区が行うプロジェクトの「可児・美濃加茂ミッション」の働きが選ばれました。岐阜県の可児市・美濃加茂市周辺の地域に、多数のフィリピン聖公会からの信徒の方々が働きながら生活を営んでいる事実があります。慣れない外国での生活とハードで不安定な労働状況により、精神的なケアーを訴える人々が多いとのことです。このプロジェクトでは、一日も早く拠点を確保し、ケアーをしつつ礼拝の機会を提供することを目指しています。また、このプロジェクトはフィリピン人だけのための働きではなく、可児市・美濃加茂市周辺には聖公会の教会がないので、この働きをきっかけに、様々な人々が信徒として加わっていけるような場にしたいとのことです。ここにまた一つ、神の働きが始まるのです。

私たち一人一人の祈りとささげものが集められ、大きな力となって、宣教のみ業に用いられる幸いを想い、味わっていただければと願います。そして、意義ある大斎の時を過ごしていきたいものです。 


2009年 大斎節
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 ヨハネ 相沢牧人





版画提供;佐藤泉

2009.02.12 | 大斎節

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。