スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

大斎克己献金2008

大斎08ポスター



大斎節
2008年2月6日~3月22日


御腕の業を、力強い御業を来るべき世代に語り伝えさせてください。
詩編 71:18


大斎節はイエス様の復活を記念するイースターに洗礼が行われたという、教会の古い伝統から生まれました。このために志願者はイエス様にならって、すべてを棄て自分を父なる神様と人々のために捧げ尽くすことを通して、復活のイエス様と一緒に永遠の命に招き入れられることを祈りました。 洗礼を前に、断食といいますが食事も少なくして祈りに専念したようです。このような習慣は、イエス様が荒野で断食して祈られたというお話と結びつくようになりました。荒野は神様だけのお声を聞き、神様だけに頼り、神様から人々に仕えることを示される学びの場であったのです。

克己(自分に勝つ)の時間と呼ばれています。富や能力を自分のために用いるのではなく、自分をどのようにして神様と人々のために捧げようかと考えます。「自分のためではなく、神様と人々のために」と変わることが自分に勝つことではないでしょうか。
 大斎克己献金は大斎節の間、これまで自分のためだけに使ってきたお金や力を、他の人々も少しでも良い暮らしができるように、無駄を省いてお捧げするものです。

日本聖公会は毎年大斎克己献金をお願いしておりますが、昨年全国でささげられた献金の総額は約2,250万円にのぼります。この大斎克己献金は、海外の難民救援や、教会が関わる地域社会のための施設や、アジア・アフリカの様々な困難の中にある人々のための働きにささげられています。いくつかの例をあげますと、さくねん昨年はペルー、マダガスカル、ソロモン諸島などで起った地震や水害被害の復興支援などです。多くの人が亡くなり、また家族や家そして仕事を失いました。災害発生時に緊急支援だけではなく、心のケアを含めて生活の復興には長い時間と努力が必要になります。災害救援のためにと皆さまからお預かりした特別献金に加えて大斎克己献金からもお送りしました。皆さまのお祈りがこめられた捧げ物は困難の中にある人々にとって大きな励ましになっています。
 また重債務国復興支援として360万円を南アフリカやウガンダにおけるエイズとの闘い、ミャンマーにおける農村指導者の育成プロジェクトのために5年間の継続を約束してお送りしております。さらにタンザニアの耳の聞こえない子どもたちの学校のため、パレスチナの子どもたちのため、タイにおけるエイズに罹った人々への支援など色々な働きのために用いられております。またアジア学院の働きにも捧げられています。大斎克己献金は日本聖公会内部の事務経費や委員会活動費ではなく、外に向かっての働きに用いられている本当に大切な献金であることをご理解ください。                       
また宣教活動の支援のためにも用いられております。新しい働きの促進のために尽力しておられる教役者や信徒の皆さんにとりましては、お祈りとともにささげられる支援は大きな励ましになっています。
今年は大阪の聖公会生野センターの働きを支援することになりました。生野地域には戦前、日本が朝鮮を植民地にしていた時に朝鮮半島からこざるを得なかった人々が多く住んでいます。聖公会生野センターは地域性に沿った活動を旨として、のりばん(在日韓国・朝鮮人の高齢者が韓国の食事を頂きながら過ごす憩いの場)や、韓国語教室、しょうがい者と健常者が一緒に学ぶ美術教室、しょうがい者の日中活動の支援などを行ってきています。活動を始めた当初は小規模な集まりだったものが、近年ではどれも活発になり現在の場所では手狭になりました。もっと多くの働きが出来ることを願い、広い活動拠点に移ろうと計画しています。これらの働きは単に仲間の信徒の数を増やそうというだけではありません。一緒に神さまの本当の愛の働きに加えられ、多くの人々のともにその愛の働きを広めていくのです。祈りと愛の働きの拠点としての「伝道所」の誕生なのです。大斎克己献金が教会の外への働きを支えています。どうぞよろしくご協力くださいますようお願い申し上げます。
 
2008年 大斎節
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 三鍋 裕





本年の大斎克己献金は、主に次の働きのためにささげられます。

1.国内宣教のため―聖公会生野センター(大阪教区)
 活動充実のための移転計画のため
2.災害緊急支援
 2007年の災害援助:マダガスカル島台風被災者支援、ソロモン諸島地震・津波被災者支援、ペルー地震被災者支援活動、バングラデシュ台風被災者支援
3.重債務国復興支援
 ・南アフリカ・ハイヴェルド教区HIV/AID医療活動
 ・ウガンダ・チオコ病院のHIV/AID医療活動
 ・タイ・バーンサバイHIV/AID救援活動
 ・ミャンマー・タウングー教区の農業指導者育成事業
4.アジア・アフリカ支援
 ・タンザニア・難聴児教育
 ・アジア学院の働きのため





書とデザイン:安田有吾





スポンサーサイト

2008.01.30 | 大斎節

大斎節2008

大斎節の印刷物を1月16日~18日に発送しました。
一週間以内に届くかと思います。
お手元に届きましたら内容をご確認ください。
また、増減のご希望がありましたら管区までご連絡ください。

ポスターや発送物の文章は近日中にアップ致します。
もう暫くお待ちください。


大斎用献金袋出荷待ち


2008.01.21 | 大斎節

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。