スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

「青年の日」信施奉献ご協力のお願い

青年07


青年活動のための日
2007年8月5日

若者たちよ、あなたがたは強く、神の言葉があなたがたの内にいつもあり、あなたがたは悪い者に打ち勝った。
ヨハネの手紙1 (2:14)


 主のみ名を賛美いたします。
 ご恩寵のもと、皆々様にはご健勝にてご活躍のことと存じます。また各教会・団体におきましては、この夏の様々な行事・プログラムの準備にお忙しい時をお過ごしと存じます。各地にて夏の諸計画が有意義に、そして無事に行なわれることをお祈り申し上げます。
 さて、8月の第1の日曜日(本年は8月5日)は、「日本聖公会青年活動」を覚えて代祷を捧げ、また信施を奉献する主日です。この主日は、日本聖公会第46(定期)総会(1994年)にて設置を決議され、昨年5月に行なわれた第56(定期)総会にて、その延長が決議されました。
 上記決議では、
*当日の礼拝では教会にて教会青年の増加と活動の活性化のために祈りを捧げる。
*当日の信施は管区事務所が取りまとめ、管理し、主に4年に一度開催が予定されている「全国青年大会」の実施及び準備等の働きのために用いる。
となっています。
 昨年8月、日韓聖公会協働プログラムの一環として、日韓聖公会青年セミナーが日本で行なわれ、両国聖公会の各教区から青年及びスタッフが40名ほど参加し、「日韓聖公会の宣教課題と東アジアの平和」を主題として、現在、両国の教会が直面している課題について分かち合い、祈りを捧げました。今年は、同じく8月に会場をソウルに移して、「平和の地で平和の種になろう」というテーマで行なわれることが予定されています。両国の歴史的な課題を踏まえつつ、東アジアの平和のために、青年一人一人が平和の器として、手をつなぎ歩みだすことができるような機会になることを願っております。
 また、来年2008年は、これまで4年に一度開催されてきた「全国青年大会」の開催年となります。開催時期、会場などの詳細は、近々、決定される予定ですが、次回も全国から多くの学生・青年の参加が期待されます。因みに、前回は、2004年に長崎にて行なわれましたが、全国から100名以上の青年が集いました。日程に8月9日の長崎原爆の日が含まれていましたので、原爆被害者の証言に耳を傾け、長崎市内各所にて原爆投下の瞬間を追体験することにより、原爆被害の悲惨と悲しみを心に刻み、そして平和の尊さを互いに分かち合うことができました。
 その他にも、青年たちが学び、交流を深めるための様々なプログラムが行なわれていますので、青年委員会では、各教区の青年担当者の方々と協力しつつ、こうした様々な機会を青年たちに提供し、彼らがたくさんの出会いを通して、視野を広げ、学びを深め、宣教の働きを担う器として成長するためのお手伝いをしたいと考えています。
 今後とも、青年たちの成長と活動のためにお祈りとご支援を賜りますよう心からお願いいたします。

2007年7月12日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 三鍋 裕

スポンサーサイト

2007.08.13 | 青年活動のための日

海の主日にあたり

海07


海の主日
2007年7月8日

瞳のようにわたしを守り
あなたの翼の陰に隠してください。
(詩篇第17編8節)


横浜のMTSチャプレンとして着任されたばかりのK.マディー司祭から下記の海の主日メッセージをいただきました。神戸にもクリス・バーンズ司祭が新任チャプレンとして7月に着任される予定です。苫小牧における働きとあわせてお祈りくださいますようお願い申し上げます。

2007年6月14日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 三鍋 裕



海の主日にあたり
 海の主日はわたしたちの豊かな生活が、いかに大きく他の人々の働きに依存しているかを思い起こす良い機会であると思います。もっと焦点を絞れば食料、衣類、自動車や機械類、工具や建築資材、本当にあらゆる物資の貿易によってわたしたちの生活が成り立っているわけですが、この貿易を支える海運労働者の働きを思い起こすときであります。彼らの海上での働きは時として命の危険さえともなうものです。私たちMTS(Mission to Seafarers)は、世界が貿易によって一つの世界に結び合わされていること、そしてそれを自分たちの楽しい家庭での生活を犠牲にして海で働いている人々が陰で支えていることを深く認識しています。フィリピン、マレーシア、ミャンマー、中国、インド、ヨーロッパ、日本、アメリカそしてその他あらゆる国々の人が携わっています。
彼ら、私たちの海の友人たちは、長期間に渡り家庭から離れ、しばしば危険と苦難に遭遇し、そして狭い空間での生活を強いられています。仲間のチャプレンの一人は海員の写真に「囚人になるには牢獄を必要としない」という標題をつけました。MTSでは港に入ってくる海員に「家庭から離れた家庭」を用意します。横浜の海員クラブでは家族と連絡を取る電話やインターネット設備、図書室やテレビ室、船から離れてちょっと一息入れるバーやビリヤードがあります。私たちはこの施設を一般に公開しています。船から離れて陸上の人と一時普通の生活を味わってもらうためです。
チャプレンと熱心なボランティアは昼の間入港中の船を訪問し、海員の友となり、またMTSの働きを紹介します。ボランティアだけではなくバーのスタッフや、船からの送迎バスの運転手など有給スタッフもいます。横浜のクラブは聖公会所属ですが、ほとんどのボランティアはカトリックの人か無宗教の人で、代表責任者である私だけが聖公会です。カトリックの訪船ボランティアや運転手に比べて聖公会のボランティアがいないのは寂しい気がします。日本におけるMTSの働きは全聖公会の交わりに属しますが、これは日本聖公会にも属することを意味します。これは皆さんのミッションであり、皆さんの支援を必要としています。皆さんが長年、特にクリスマス前後に会員のために帽子を編んでプレゼントしてくださっていることに感謝しております。そして、そればかりではなく色々なご協力を必要としています。是非お願いしたいのです。もしも皆さんが船を訪ねる訪船ボランティアとして、あるいは船からの送迎運転手としてお時間を割いてくださることが出来ましたらご連絡ください。どうぞ海の主日にあたり海で働く人々と日本におけるMTSの働きを皆さんのお祈りの中にお憶えくださいますように。

 MTS横浜チャプレン、クライスト・チャーチ牧師 
 司祭 ケヴィン・マディー



MISSIONS TO SEA FARERS公式サイト
http://www.missiontoseafarers.org/

MTS 苫小牧
http://www11.plala.or.jp/tomakomai/

MTS 横浜
http://www8.plala.or.jp/seafarers/

MTS 神戸
http://www.sanynet.ne.jp/~mtskobe/index.html

2007.08.13 | 海の主日

沖縄週間ポスターの掲示と、沖縄週間および、沖縄の旅のためにお祈りをお願いします。

沖縄07


沖縄週間
2007年6月17日~24日


+主の平和がありますように
今年は、6月17日(日)から24日(日)までが、第56総会で設置された「沖縄週間」となります。「沖縄週間」は、日本聖公会の全教区・教会が沖縄の現実に思いを寄せ、私たち自身が主の平和を求めて祈ることを目的とするものです。

現在も引き続き、沖縄・辺野古(へのこ)では、地元の高齢の人々が中心となり、新たな米軍基地建設を阻止する活動が粘り強く行なわれています。これは、何より「命どぅ宝(命こそ宝)」を体現するいのちのための闘いであり、「次の世代の子どもたちや孫たちのために基地は要らない、命の海を残して行きたい」との思いが込められた取り組みです。
海岸での座り込み、海上での阻止行動も完全非暴力を貫きつつ、そこから発せられる、「地上戦を経験した沖縄の地でこの悲しみを繰り返してはならない」。「これ以上戦争加害者となってはなら
ない」との主張は、私たちの心に重く響いてきます。
ところが、これらの主張を押し潰そうとする力が強く働いています。
私たちは、平和の主であるイエス・キリストに従う者として、この辺野古の人々の思いと行動に注目し、私たちも共に、主の平和の実現のために働く者になりたいと思います。

どうぞ、当ポスターを掲示していただいて、とくに6月17日および24日の主日礼拝の中で「沖縄週間の祈り」をお捧げください。

沖縄教区と日本聖公会正義と平和委員会は、6月22日(金)から25日(月)まで「沖縄の旅」を実施します。今回は、「命どぅ宝 ~キリストの希望は痛みの共感から~」というテーマでの開催です。このプログラムのためにもお祈りください。


2007年6月1日
日本聖公会正義と平和委員会
沖縄週間担当 司祭 マルコ柴本孝夫





沖 縄 週 間 の 祈 り

歴史と生命の主である神よ、私たちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、敵意と憎しみのただ中に
あなたの愛と赦しをお与えください。
私たちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通して私たちを新たにし、あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
私たちの主イエス・キリストのいつくしみによって、この祈りをお献げいたします。 アーメン



日本国憲法 第2章 戦争の放棄 第9条

〔戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認〕
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


2007.08.13 | 沖縄週間

神学校のために祈る主日信施奉献についてのお願い

神学院07


神学校のために祈る主日
2007年4月29日

「あなたがたの場合も同じで、霊的な賜物を熱心に求めているのですから、 教会を造り上げるために、それをますます豊かに受けるように求めなさい。」
(コリントの信徒への手紙一 14章12節)


主イエスのご復活をお祝い申し上げます。

復活節第4主日(本年は4月29日)は日本聖公会第23(定期)総会(1950年)が定めました神学校のために祈る主日です。この日には聖公会神学院(東京)とウイリアムス神学館(京都)の働きを覚えて祈り、信施をお献げいただくことになっております。

2007年問題が現実化する今年3月、聖公会神学院(東京)とウイリアムス神学館(京都)は、それぞれ6名づつ、計12名の新しい働き人を公会にお送りすることができました。このことは主なる神様の大きなお恵みと日本聖公会のすべての教会の祈りに支えられた賜物と感謝しております。
2007年度は両方の神学校に5名の新入生が入学され(昨年は2名)、2007年4月現在では13名の神学生が神とこの世界の人々に仕えるために研鑚を積んでいます。20歳代の方から60歳代の方まで、以前では考えられなかったような幅広い世代の方々が召されて学んでおられるのです。私たちはまず、この事実に感謝し、神学生一人ひとりがみ心に適う学びをされますよう、神様の導きを祈りましょう。

さて、それぞれの神学校では、このように多様性に満ちた聖職(教役者)志願者への神学教育はもちろんのこと、聴講を希望する信徒の方々への講座の開放、公開講座、体験入学等、様々な働きを続けています。その神学校の働きを覚えて私たちが祈り支えるということは、単に一主日の信施を献げることに留まるわけではありません。私たちが信施を献げつつ覚えたいことは、神学校で学ぶ聖職(教役者)志願者は、信徒の中から、教会の皆さんの祈りの内に、祈りによって召し出されるということです。もちろんこの召し出しは神様のみ業によるものですが、そのためには私たちの教会自身が、神様の召しにかなうものとして整えられることが大切でありましょう。教会が喜びも悲しみも互いに担い、分かち合う共同体であるからこそ、神と人とに仕える者として生きることに喜びを感じる志願者が召し出されるのではないでしょうか。

4月29日の主日には、教会の仕え人となるように召され、神学校でその備えをしている人々、またその備えを支えるすべての人々が、聖霊の導きによってそれぞれの務めを全うすることができますようにお祈りください。またその営みが神のみ心にかない、この世界に対する神の働きに参与する教会とされますようお祈りください。そして、同日の信施を祈りと共に両神学校のためにお献げくださいますようお願いし、ご案内申し上げます。


2007年4月11日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 三鍋 裕




ポスターに掲載されている文章;

聖公会神学院は、1908年の世界聖公会大会の感謝献金を基礎として、東京三一神学校、聖教社神学校が合併して1911年に設立されました。(後に、大阪三一神学校も合併)。その後、戦時下での外国人教授辞任、政府の指示による廃校などを経て1946年、学校法人「聖公会神学院」となり、校舎も池袋、湯島を経て1953年現在地に移転しました。

今日までに約600名の卒業・修了生(校友)が日本聖公会の諸教会はじめ諸施設、また海外の諸教会の働きへと遣わされてきました。

聖公会神学院は、ここで学び生活する者が、共同体としての礼拝、学習と研究、人格的交わりによって、神の働きに気づき共に働く者としての基礎的な方向づけと展望が与えられることを目指しています。


ウイリアムス神学館は、1948年(昭和23年)に、婦人伝道師と男子レイリーダーの養成を目的として、その歩みが始められました。その後時を経て、教役者を志願する者の教育と訓練が中心的使命となり、今日までの58年間に、本科生、
聴講生合わせて150名を越える方々がここで学び、その多くが、公会の働き人として、第一線で活躍されています。

日本聖公会初代主教のウイリアムス師父の心を伝える「道を伝えて、己を伝えず」を建学の精神とし、教学面では、知的な学びだけに偏らず、あくまで教会の現場での働き人の養成を目指すということから、礼拝・神学・生活の三つをカリキュラムの柱に据え、さらに、土曜日と主日は教会実習を必修とすることを伝統的に重視してきました。

また、学生の指導に当たる教授陣のほとんどが、宣教・牧会の第一線で働く牧会者であることも大きな特徴です。このような中で、現場での体験をもとにした生きた神学に触れる機会を多く持つことができます。

2007.08.13 | 神学校のために祈る主日

聖公会生野センターのための主日

生野07


聖公会生野センターのための主日
2007年3月4日

あなたは寄留者を虐げてはならない。あなたたちは寄留者の気持を知っている。あなたたちは、エジプトの国で寄留者であったからである。
(出エジプト23:9)


主の平和をお祈りいたします。
 地球の温暖化の影響でしょうか、暖かい冬となっていますが、教会の暦は大斎節を迎えようとしています。ご準備に余念のないことと存じます。
 さて、日本聖公会第55(定期)総会での決議によりまして、3月1日(独立運動蜂起の日)に近い主日の信施を『聖公会生野センター』のために引き続き献げることが可決されております。今年は3月4日(大斎節第2主日)がその日にあたります。
 1980年代、指紋押捺拒否、外登証常時携帯拒否運動の高まりの中、日本聖公会は日韓聖公会宣教セミナーでの学びを通し、足元の問題として、大阪教区の聖ガブリエル教会を初めて意識するようになりました。同教会は戦前に朝鮮人会衆のために張本栄師によって始められていましたが、戦中・戦後にわたり辛酸をなめていたのです。日本聖公会は、謝罪と和解のしるしとして教会の再建を計ることを決めました。また、日本で在日韓国・朝鮮人が一番多く居住する大阪市生野区において、日本人と在日韓国・朝鮮人の出会いと学びの場として『聖公会生野センター』を始めることになりました(1992年)。その際(社)博愛社の協力も得て「こひつじ乳児保育園」が同じ場所でスタートし、3者が協働して活動しています。
 『聖公会生野センター』には財政的基盤がありません。設立の意図を日本聖公会の皆様がよくご認識くださり、支援していただく務めがあります。2005年にはNPO法人としての歩みを始めていますが、社会的に認知された法人とはいえ、行政からの補助があるわけではありません。後援会員数を増やすために広報活動もし、NPO法人メンバーズカードの利用などを通して経済的な自立を計りたいと、可能な限り努力しておりますが“社会福祉の隙間を埋める”ような働きですのでなかなか難しいものがあります。昨年から始めました「障害者デイサービスくりんモダン」なども、福祉には厳しい昨今の状況は小規模事業を直撃しています。どうかそうしたこともご理解ください。
 具体的な働きについては機関誌「響 ウルリム」をぜひご覧ください。NPO法人としての聖公会生野センターは今、『生野地域を中心として、在日韓国・朝鮮人と日本人に代表されるような様々な民族・文化的立場が違う者同士が共に働き、生きとし生ける者がすべて自己を尊重される社会の実現のための社会活動を行う』ことを目ざしてその働きに当たっています。
 どうか引き続き皆様の熱いお祈りとご支援をお願いいたします。
皆様の上にも神様の豊かな祝福がありますようお祈り申し上げます。


2007年2月16日
日本聖公会管区事務所
宣教主事 司祭 武藤謙一
(聖公会生野センター理事)


聖公会生野センター公式サイト
http://www.nskk.org/province/ikuno/

2007.08.13 | 聖公会生野センターのための主日

大斎克己献金

大斎07


大斎克己献金
2007年2月21日~4月7日

 
喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。
(ローマの信徒への手紙12:15)


大斎節はイエス様の復活を記念するイースターに洗礼が行われたという、教会の古い伝統から生まれました。このために志願者はイエス様にならって、すべてを棄て自分を父なる神様と人々のために捧げ尽くすことを通して、復活のイエス様と一緒に永遠の命に招き入れられることを祈りました。 洗礼を前に、断食といいますが食事も少なくして祈りに専念したようです。このような習慣は、イエス様が荒野で断食して祈られたというお話と結びつくようになりました。荒野は神様だけのお声を聞き、神様だけに頼り、神様から人々に仕えることを示される学びの場であったのです。

克己(自分に勝つ)の時間と呼ばれています。富や能力を自分のために用いるのではなく、自分をどのようにして神様と人々のために捧げようかと考えます。「自分のためではなく、神様と人々のために」と変わることが自分に勝つことではないでしょうか。
 大斎克己献金は大斎節の間、これまで自分のためだけに使ってきたお金や力を、他の人々も少しでも良い暮らしができるように、無駄を省いてお捧げするものです。

日本聖公会では毎年大斎克己献金をお願いしておりますが、昨年全国でささげられた献金の総額は約2,250万円にのぼります。この大斎克己献金は、海外の難民救援や、教会が関わる地域社会のための施設や、アジア・アフリカの色々な困難の中にある人々のための働きにささげられています。いくつかの例をあげますと、昨年はスマトラ沖大地震・インド洋大津波被害復興支援、パキスタン北部大地震被災地医療支援、フィリピン台風被害復興支援などです。多くの人が亡くなり、また家族や家そして仕事を失いました。災害発生時に緊急支援だけではなく、心のケアを含めて生活の復興には長い時間と努力が必要になります。災害のためにと皆さまからお預かりした特別献金に加えて大斎克己献金からもお送りしました。皆さまのお祈りがこめられた捧げ物は困難の中にある人々にとって大きな励ましになっています。
 また重債務国復興支援として360万円を南アフリカやウガンダにおけるエイズとの闘い、ミャンマーにおける農村指導者の育成プロジェクトのために5年間の継続を約束してお送りしております。さらにタンザニアの耳の聞こえない子どもたちの学校のため、パレスチナの子どもたちのため、タイにおけるエイズに罹った人々への支援など色々な働きのために用いられております。またアジア学院や聖公会生野センターの働きにも捧げられています。大斎克己献金は日本聖公会内部の事務経費や委員会活動費ではなく、外に向かっての働きに用いられている本当に大切な献金であることをご理解ください。                       
また宣教活動の支援のためにも用いられております。新しい働きの促進のために尽力しておられる教役者や信徒の皆さんにとりましては、お祈りとともにささげられる支援は大きな励ましになっております。今年は横浜教区の市川聖マリヤ教会浦安集会の伝道所への発展を皆で支援することになりました。急激に人口が増加しており、また青年層の多いこの地域で、外国から来ている人々を含めて地域のための活動を目指しています。新しい力強い動きです。心から応援したいと思います。伝道所の働きは単に仲間の信徒の数を増やそうというだけではありません。一緒に神さまの本当の愛の働きに加えられ、多くの人々のともにその愛の働きを広めていくのです。祈りと愛の働きの拠点としての伝道所の誕生なのです。大斎克己献金が教会の外への働きを支えています。どうぞよろしくご協力くださいますようお願い申し上げます。

2007年 大斎節
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 三鍋 裕




本年の大斎克己献金は、主に次の働きのためにささげられます。

1.国内宣教のため―市川聖マリヤ教会浦安集会の伝道拠点確保
2.災害緊急支援
3.重債務国復興支援
 ・南アフリカ・ハイヴェルド教区HIV/AID医療活動
 ・ウガンダ・チオコ病院のHIV/AID医療活動
 ・ミャンマー・タウングー教区の農業指導者育成事業
4.アジア・アフリカ支援
 ・タンザニア・難聴児教育
 ・タイ・バーンサバイHIV/AID救援活動
 ・アジア学院の働きのため





ポスターデザイン:安田有吾

2007.08.13 | 大斎節

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。