スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

人権活動を支える主日

16jinken.jpg
兄弟愛をもって互いに愛し、
尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。
(ローマの信徒への手紙12:10)


主の聖名を賛美いたします。

今年も「人権活動を支える主日」(11月27日)が近づいてきました。
毎年この主日に、日本聖公会のすべての教会で人権活動のための祈りと献金がささげられることを感謝申し上げます。今年6月に開催された日本聖公会第62(定期)総会では「ハンセン病元患者と家族のみなさまへの謝罪声明」が決議されました。今総会期の管区人権問題担当者は、この声明を踏まえて、ハンセン病に対する差別、偏見をなくすための啓発活動や療養所内教会の信徒の皆さんとの交流などを、今総会期の大切な課題として取り組んでいきます。またこの総会では狭山事件に関する要請文を東京高等裁判所と東京高等検察庁に送ることも決議されましたが、このことも引き続き大切な課題として取り組みます。

皆さまがおささげくださる献金は、聖公会神学院・ウイリアムス神学館卒業者の新任人権研修会、各教区人権担当者の連絡協議会、人権セミナーなどの管区内の働きのために用いられます。さらに、「同和問題」に取り組む宗教団連帯会議(同宗連)、また、部落問題に取り組むキリスト教連帯会議 (部キ連)など他宗教・他教派との協働にも用いられています。

今年1月には、狭山事件について石川一雄さん、早智子さんご夫妻のお話を聞き、また現地調査を行いましたが、これには聖公会神学院のスタッフ、学生も参加してくださりよい学びの時となりました。5月に新任人権研修会を小倉で開催し、地域の人権課題に取り組む他教派の教会の働きを通して、教会の宣教活動について学びました。また10月には東北教区が担当して人権セミナー2016「原発問題と人権in福島」を開催し、セントポール会館(郡山聖ペテロ聖パウロ教会)に全国から30名近いメンバーが集まりました。東日本大震災から5年の月日が流れましたが、原発放射能被害は何ら解決の道が見えません。現場を訪れて多くの深刻な問題を肌で感じ参加者全員で分かち合うことができました。12月には各教区人権担当者会を管区事務所と多磨全生園で開催し「ハンセン病問題」についての理解を深めます。

人々の命が大切にされ、一人ひとりの尊厳が守られ、安心して生活できる社会が一日でも早くきますように皆さまのお祈りに覚えてください。

人権問題担当主教 
 主教 武藤謙一
人権問題担当者
 植田栄基
 司祭 奥村貴充
 司祭 倉澤一太郎
 難波美智子
宣教主事 谷川 誠

スポンサーサイト

2016.11.02 | 人権活動を支える主日

人権活動を支える主日

15jinken.jpg
後の世代のためにこのことは書き記されねばならない。
「主を賛美するために民は創造された。」
詩編102編19節



主の聖名を賛美いたします

1996年に開催された第49(定期)総会で「人権活動を支える主日」が定められました。11月最後の主日(今年は11月29日 降臨節第1主日)は、諸教会で人権活動のためにお祈りくださり、献金をいただくことを感謝申し上げます。
皆さまがおささげくださった献金は人権担当者の働きに用いられています。具体的には、聖公会神学院・ウイリアムス神学館の卒業者の新任研修会、各教区人権担当者連絡協議会、人権セミナーの管区内の働きに用いられます。さらに『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議(同宗連)、また部落問題に取り組むキリスト教連帯会議(部キ連)など、他宗教他教派との協働にも用いられています。

今年5月には新任教役者6名と大阪でヘイトスピーチを中心に人権の大切さを学びました。9月末には人権セミナーを神戸教区で開催し、広島復活教会に全国から人権に関心を寄せるメンバーが集まりました。戦後70年様々な記憶が風化の危機にさらされている時、広島の被爆を原点に、核のもたらす人権侵害と差別を学びました。来年は東北教区が人権セミナーの担当教区をお受けくださり、福島が抱える様々な問題を学ぶ予定となっています。

8月には川内原発が再稼働され、9月には安全保障関連法案が強行可決されました。10月には沖縄県民の反対にもかかわらず辺野古埋め立てに着工し、「強権極まれり」と翁長知事の悲痛な叫びが報じられるなど、人権を損なう事態が相次いでいます。イエスは、社会では意味がないと見られている小さな存在、振り返られることもない者、誰からも無視されている弱い立場にある人々に常に優しい眼差しを注いだお方でした。神の国を見えなくさせる現実に私たちは取り巻かれていることをしっかりと見据えて、皆さまとご一緒に福音に根差した活動を行っていきたいと願っています。

2015年11月10日

人権問題担当主教
 主教 武藤謙一
人権問題担当者
 植田栄基
 司祭 大森明彦
 司祭 奥村貴充
 司祭 中島省三
管区事務所総主事
 司祭 矢萩新一

2015.11.13 | 人権活動を支える主日

「人権活動を支える主日」信施奉献について

14jinkenn.jpg

正義を洪水のように 
恵みの業を大河のように 
尽きることなく流れさせよ
(アモス5:24)


主の聖名を賛美いたします。

11月の最後の主日(今年は11月30日、降臨節第1主日)は、日本聖公会第61(定期)総会で決議されましたように「人権活動を支える主日」であります。

1996年に開催された第49(定期)総会で決議されて以来、今年で18年目になりますが、昨年も諸教会で人権活動のためにお祈りくださり、信施をお捧げくださり感謝申し上げます。皆さまがお捧げくださった献金は人権問題担当者の働きである新任研修会、第61(定期)総会での人権の学び、人権セミナー、各教区人権担当者会、また同和問題に取り組む宗教教団連帯会議(同宗連)や部落問題に取り組むキリスト者連絡協議会(部キ連)など他宗教・他教団との活動などにも用いられています。

今年5月には聖公会神学院とウィリアムス神学館を卒業・終了された9名が参加して狭山事件を中心として人権に関する新任研修を行いました。また10月には「キリスト教信仰と人権」をテーマに横浜教区が準備してくださり人権セミナーを開催し、人権の課題はわたしたちキリスト者の信仰の課題であることを確認し、横浜近隣での人権活動から多くの学びをすることができ、かつよい交わりの時ともなりました。来年もまたこのような人権問題に関わる活動がより充実してなされますよう、皆様のお祈りの献金をお願いいたします。

人権に関わる活動は各教区でなされており、その一つひとつが主イエス・キリストの福音を証しするものであります。地域に生きる人々の命が大切にされ一人ひとりの尊厳が守られるための働きを、各教区や各教会が福音宣教の業としてますます大切にしていくことができますよう願っています。

第61(定期)総会では「ヘイトクライム、ヘイトスピーチの根絶と真の多民族・多文化共生社会の創造を求める日本聖公会の立場」の決議がなされまましたが、日本社会のなかで生きにくさを感じておられる方々のことを覚えその尊厳が守られ、すべての人が喜びをもって共に生きる社会の実現を覚えてお祈りください。

2014年11月10日

人権問題担当主教  主教 武藤謙一
人権問題担当者 打田茉莉、司祭 大森明彦、司祭 奥村貴充、司祭 中島省三
管区事務所総主事 司祭 矢萩新一

2014.11.10 | 人権活動を支える主日

人権活動を支えるための主日信施奉献について

13jinkenn.jpg
イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです。
ヨハネの手紙Ⅰ 3章16節



主に栄光がありますように。
1996年に開催された日本聖公会第49(定期)総会において「人権活動を支える主日」が定められてから、今年で17年になります。毎年11月最後の主日をこの日と定め、管区の人権活動を支えるために、祈りをもって信施をお捧げくださっていますことを感謝申し上げます。
今年は11月24日(降臨節前主日) がその日に当たりますので、是非ともお覚えくださいますようお願いいたします。

わたしたちにとって人権の問題は信仰の本質に関わる大切なことがらです。神様から与えられている掛け替えのない一人一人の大切な命を、どのように守り、養い、育んでいくことが出来るのかを祈りをもって考え、学び続けます。そして今、わたしたちに求められているものは、そのために必要な具体的な活動を地道に行なっていく勇気と決断です。

今年は2月3日、「ハンセン病問題啓発の日」を覚えて祈りました。5月には神学校を卒業して宣教・牧会の現場に立って働き始めた人たちのために人権に関する「新任研修会」が開催されました。10月には「人権セミナー」が東京で開催され、①福島第1原子力発電所の事故による放射能汚染の現状と人権侵害、②憲法改悪と人権侵害、③憲法から考えるメディア~報道被害と表現の自由、④「日の丸・君が代」強制反対、⑤千鳥が淵・靖国神社フィールドワークなどをいたしました。また、主教会では部落差別問題について学びの時を持ちました。また来年5月の総会でも代議員のための人権問題についての学びが予定されています。

同和問題にとりくむ宗教教団連帯会議(同宗連)や部落問題に取り組むキリスト者連絡協議会(部連キ)などの他宗教、他教団との活動、そして管区の人権に関わる諸活動のためにも皆様がお捧げくださった信施は有効に用いられております。各教区から新しい方が人権研修に参加されることを期待いたします。この日の信施が更に豊かに用いられることを願っております。

2013年11月7日

人権担当主教  主教 大西 修
管区人権担当者 司祭 井口 諭
管区総主事   司祭 相澤牧人

2013.11.12 | 人権活動を支える主日

人権活動を支えるための主日信施奉献について

12jinken.jpg
「どうか、主があなたがたを、お互いの愛とすべての人への愛とで、豊かに満ちあふれさせてくださいますように。」(Ⅰテサロニケ3:12a)

2012年11月25日(11月最後の主日)



+主の御名を賛美いたします。

今年もまた「人権活動を支える主日」(11月25日 降臨節前主日)が近づいてまいりました。いつも人権担当者の働きにご理解とご協力いただき感謝申し上げます。

5月に行われました第59(定期)総会では日本聖公会の「ハラスメント防止宣言」が可決されました。また9月に行われた宣教協議会は「いのち、尊厳限りないもの―宣教する共同体のありようを求めて―」の主題のもとに行われ、信徒と聖職がそれぞれの場でていねいな牧会・宣教をすることを求めた提言がなされました。また福島第1原子力発電所の事故による放射能汚染は、命の絆を破壊するものであることが時間を経つにつれて明らかになってきています。

一人ひとりの命の尊厳が守られ、共に生きる社会を目指して歩むことが、今改めて問われているのだと思います。様々な課題がありますが、本当に一人ひとりの命の尊厳が大切にしていけるかは、これからの日本聖公会の在りように関わることとなるのではないでしょうか。

その意味でも来る人権主日を覚えて祈る主日を大切にしていただきたいと願っています。それぞれの地域にある人権の課題を覚え、また人権に関わる活動を覚えてお祈りくださいますようお願いいたします。

昨年も多くの献金をお捧げくださり感謝申し上げます。皆さまから捧げられる当日の信施は、神学校を卒業して牧会・宣教の場に遣わされる方々の「人権に関する新任研修」、人権セミナー、各教区人権担当者連絡協議会の活動のために、またジェンダープロジェクトや女性デスクとの協働でなされる働きのために用いられています。

今年10月に北海道教区で行われた人権セミナーではアイヌの人々の歴史と聖公会の関わりを学びましたが、その中で「イランカラプテ」という言葉を知りました。アイヌ語で「こんにちは」にあたる言葉ですが、そのもともとの意味は「あなたの心にそっとふれさせてください」とのことです。「あなたの心にそっと触れさせてください」という想いをもってそれぞれの場での人との絆を結び、広め、深めていくことができますよう願っています。

2012年11月6日
人権担当主教 主教 大西 修
管区人権担当者 司祭 武藤謙一
管区総主事 司祭 相澤牧人

2012.11.13 | 人権活動を支える主日

人権活動を支える主日信施奉献について

11jinkenn.jpg

「わたしの目にあなたは値高く、貴く、わたしはあなたを愛する」
(イザヤ書43章4節a)



主の聖名を賛美いたします。

 11月の最後の主日(今年は11月27日、降臨節第1主日)は、日本聖公会第49(定期)総会で決められました「人権活動を支える主日」であります。

 1996年に開催された第49(定期)総会で決議されて以来今年で15年目になりますが、昨年も諸教会で人権活動のためにお祈りくださり、献金いただいたことを感謝申し上げます。皆さまがお捧げくださった献金は人権担当者の働きである新任研修会、各教区人権担当者連絡協議会、人権セミナー、『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議(同宗連)や部落問題に取り組むキリスト者連絡協議会(部キ連)など他宗教、他教団との活動にも用いられています。またハラスメント防止の研修会などに携わる女性に関する課題の担当者(女性デスク)の働きのためにも用いられています。

 今年3月には聖公会神学院とウィリアムス神学館を卒業・終了された11名が参加して名古屋で人権に関する新任研修を行いました。また10月には東日本大震災で被災した南三陸町志津川で東北教区の教役者の皆さんと一緒に第12回各教区人権担当者連絡協議会を開催し、現地で被災された方のお話しを伺い、また各教区の情報交換をいたしました。2012年には東日本大震災のために中止した人権セミナーも北海道教区が担当して開催される予定です。

 人権に関わる活動は各教区でなされており、その一つひとつが主イエス・キリストの福音を証しするものであります。各教区や各教会が、その地域に生きる人々の命が大切にされ一人ひとりの尊厳が守られるための働きを福音宣教の業として大切にしていくことができますよう願っています。

今年の「人権活動を支える主日」には、ことに東日本大震災また原発事故によって今もなお困難のうちにある方々、また被災地で働いておられる方々のことも合わせて、人間の尊厳が守られるためのすべての活動を覚えてお祈りくださり、献金くださいますようお願い申し上げます。


2011年11月14日

人権担当主教
 主教 渋澤 一郎
人権問題担当者
 司祭 武藤 謙一
 司祭 小林 宏治
管区事務所総主事
 司祭 相沢 牧人

2011.11.17 | 人権活動を支える主日

人権活動を支えるための主日信施奉献について

jinken10.jpg

「平和を実現する人々は、幸いである」
マタイ(5:9)



 
主の聖名を賛美いたします。
11月の最後の主日(今年度は11月28日、降臨節第一主日)は、日本聖公会第49(定期)総会で決められました「人権活動を支える主日」であります。

「狭山事件」は再審に向けての運動が新たな展開になっています。昨年12月に三者協議(裁判所、弁護団、検察官)で、東京高裁裁判長から、東京高検は証拠開示の勧告を受けました。それに対して、今年5月13日に東京高検は36点の証拠を開示しました。しかし、「血痕反応検査報告書」等の強く要求していた重要な証拠は開示されていません。人権が無視され、一人の人のいのちが軽視された社会に対して、教会は福音に基づいた正しい問いを発していかねばならないと思います。日本の社会の中にはさまざまな人権問題、差別問題が構造的に存在しています。女性・子ども・高齢者・「障害」者・在日外国人・アイヌ民族・難病者・部落差別問題等々です。人権の尊重を基本として取り組むべき課題は山積しています。

それらの課題が教会の関心となり活動となることを願いつつ、現在、管区は各教区の人権担当者と協議しながら、最善な歩みは何かを検討ながら活動をしています。2010年度は新任研修会、人権セミナー、人権担当者協議会を開催いたしました。教区間には温度差がありますが、少しずつ教区人権担当者に動きが出てきているようです。教区人権担当者の働きにもお祈りをお願いいたします。

人権活動を支えるため皆様の御加祷と御支援をお願いいたします。


2010年11月10日

日本聖公会管区総主事  
 司祭 相沢 牧人
人権担当主教      
 主教 渋澤 一郎
人権問題担当者
 司祭 武藤 謙一     
 司祭 小林 宏治
 司祭 濱生 正直

2010.11.15 | 人権活動を支える主日

人権活動を支える主日信施奉献について

s-jinken09001.jpg

「神は人を分け隔てなさらないことが、よく分かりました。」
使徒言行録10章34節



主の御名を賛美いたします。
 11月の最後の主日(今年度は11月29日、降臨節第一主日)は、日本聖公会第49(定期)総会で決められました「人権活動を支える主日」でおります。
毎年、人権活動をおぼえ、祈りと信施をお捧げくださいまして感謝いたしています。
 私たちは神さまから与えられた命を大切にし、その尊厳が守られる社会の実現を望んでいます。しかし、現実は全く反対の様相が見られます。命は踏みにじられ、危険にさらされています。
私たちの住む社会の中にはさまざまな人権問題、差別問題が構造的に存在しています。女性・子ども・高齢者・障がい者・在日外国人・アイヌ民族・難病者・部落差別問題等々です。人権の尊重を基本として教会が取り組むべき課題は山積しています。
 それらの課題が教会の関心となり、活動となることを願いつつ、現在、管区は各教区の人権担当者と協議しながら、なすべき歩みは何かを検討しています。
来年度も人権セミナー、各教区人権担当者協議会、新任研修会等を中心とした活動を展開していきたいと思っています。
 今年も人権活動を支えるためみなさまの理解と支援をお願いいたします。

「人権活動を支える主日」の祈り
わたしたちを良いものとしてお造りになった神よ、あなたは、わたしたちがお互いの命を大切にして生きることを望んでおられます。
わたしたちは自分の命が尊重されたとき大いに喜びますが、他の人の命を傷つけたり、命がないがしろにされ、人権が無視されて心を痛めている人がいても無関心であったことをざんげします。
どうかわたしたちに、人の痛みがわかる感性が与えられ、苦しんでいる人たちの痛みを共感し、人権を守るために立ち上がる力と勇気を与えてください。
主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン



2009年11月10日

日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 相沢牧人
人権担当主教
主教 五十嵐正司
人権担当者
鈴木 慰 司祭 濱生正直 司祭 三浦恒久






<ご参考>


2004年、総主事の三鍋裕司祭(現横浜教区主教)が「人権活動を支える主日」に出された案内文の抜粋です。「人権活動を支える主日」の特祷が作られた経緯と用い方について書かれています。ご参考までにお送りいたします。



下記のお祈りをご参考までにご提案いたしたく存じます。
 1年以上前になりますが同労の教役者から「人権活動を支える主日の特祷は定められていないのか」とのお問い合わせがありました。特には定められておりませんでしたが、人権担当者の方々と相談してみますとお約束して今日にいたりました。
 お祈りを言葉に表すというのはなかなか大変な作業です。人権担当者に原案をお作りいただき、礼拝に詳しい方々にもお助けいただきました。しかし、これは決して完成品ではありません。色々な思いを一つのお祈りに込める難しさも感じます。例えば今回ご提案するお祈りは差別している人と差別されている人が一緒に祈れる内容かとの問題もあります。皆様と一緒に祈りながら、皆の祈りの心から自然により適当な祈りに整えられて行きますように願っております。
現在の祈祷書の考えでは同じ主日に二つの特祷を用いることは原則としては考えていませんので、代祷の部分と合わせて用いられるのも考えかと存じます。
このお祈りは一つのご提案として参考にしてくだされば十分です。お願いは自らを見詰め、人の痛みを感じ取り、お互いの人権を大切にすることが出来るように神様のみ助けと導きを祈ることでございます。よろしくお願い申し上げます。



略-「人権活動を支える主日」の祈り


2009.11.20 | 人権活動を支える主日

 「人権活動を支える主日」信施奉献について

人権活動2008

人権活動を支える主日
2007年11月30日
(11月最後の主日)



 主の御名を讃美いたします。
 11月の最後の主日(今年度は11月30日、降臨節第一主日)は、日本聖公会第49(定期)総会で決められました“人権活動を支える主日”です。毎年、人権活動をおぼえ、祈りと信施をお捧げくださいますことを感謝いたします。

 「教会は差別をしない」と考えておられる方がいますが、教会の中にはさまざまな差別、人権侵害があります。人が生き、共に生活をするところには、必ずといっていいほど差別や人権侵害があると考えてもよいのではないでしょうか。そのような社会ですからイエスの十字架が必要だったのです。イエスの十字架に触れたわたし達ですが、まだまだ十分な生き方をしていません。イエスが望んでおられる社会は実現していませんが、先ず教会がそのことに気づき、社会に伝えていく使命があると考えられます。

 日本の社会の中にも、さまざまな人権問題、差別問題が構造的に存在しています。女性・子ども・高齢者・障がい者・在日外国人・アイヌ民族・難病者・ハンセン病者・部落差別問題等々です。人権の尊重を基本として教会が取り組むべき課題は山積しています。

 それらの課題が教会の関心となり活動となることを願いつつ、現在、管区は各教会の人権担当者と協議しながら、最善な歩みは何かを検討しています。

 今までに人権担当者協議会を開催してまいりました。教区間には温度差がありますが、少しずつお互いが刺激されて、教区人権担当者に動きが出てきています。教区人権担当者の働きにもお祈りをお願いいたします。捧げられた信施は、女性デスクの働きのためにも用いられます。

 今年も人権活動を支えるため、皆さまの理解と支援をお願いいたします。


2008年11月10日

日本聖公会管区事務所
 総主事 司祭 相沢牧人
人権担当主教
  主教 五十嵐正司
人権担当者  
  鈴木 慰 
  司祭 濱生正直 
  司祭 三浦恒久

2008.11.21 | 人権活動を支える主日

「人権活動を支える主日」のお祈りと献金のお願い

人権ポスター2007



人権活動を支える主日
2007年11月25日
(11月最後の主日)

神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。
(創世記 第 1 章 27 節) 


 主の御名を讃美いたします。
 私たちは神様から与えられた生命を大切にし、その生命の生活と尊厳が尊重される社会の実現を祈っております。そのために様々な活動が展開され、それに参加しその実現を願ってきました。しかし、現実は生命の尊厳が損なわれ、理不尽に踏みにじられ、危険にさらされています。
 戦争は無くなっていません。また生活の中で経済的格差が縮まるどころか拡大する一方です。核保有国は核を廃絶する気配すら見せません。差別事件は後を絶ちません。
 私たちの周りには様々な人権問題、差別問題が構造的に存在しています。子供、女性、高齢者、障がい者、在日外国人、アイヌ民族、難病者、ハンセン病問題への理解、部落差別問題等などがあります。課題は山積しています。このように人の命が脅かされている現実の中にこそ、人の命の大切さを訴え続けていくことが教会の宣教の課題なのではないでしょうか。
 さて、11月の最後の日曜日(本年は11月25日)は「人権活動を支える主日」です。この主日は、日本聖公会49(定期)総会(1996年)にて設置が決議され、昨年の第56(定期)総会で 4年間継続されることになりました。管区人権担当者の働きを覚え、ご加祷と献金をお願い申し上げる次第です。
 来年度も今年度同様、人権セミナー、各教区人権担当者協議会、新任研修会を中心とした人の命が尊重される世界の実現に向けた活動を展開していきたいと思っております。皆様の御加祷とご協力をよろしくお願い申し上げます。

わたしたちを良いものとしてお造りになった神よ、あなたは、わたしたちがお互いの命を大切にして生きることを望んでおられます。
わたしたちは自分の命が尊重されたとき大いに喜びますが、他の人の命を傷つけたり,命がないがしろにされ、人権が無視されて心を痛めている人がいても無関心で過ごしてしまいます。このことを深くざんげします。
どうかわたしたちに、人の痛みがわかる感性が与えられ、苦しんでいる人たちの痛みに共感し、人権を守るために立ち上がる力と勇気をお与えください。
主イエス・キリストによってお願いいたします。    アーメン



2007年11月8日
日本聖公会人権担当者

2007.11.13 | 人権活動を支える主日

«  | HOME |  »

FC2Ad

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。