fc2ブログ

沖縄週間のご加祷、沖縄週間/沖縄の旅Webプログラムのご案内

22okinawa.jpg

頌主

主のご復活を心よりお慶び申し上げます。
本年も沖縄慰霊の日6月23日に向け、標記のお願いをいたします 。

2019年の日本聖公会第64(定期)総会では、『「沖縄週間」継続の件』が可決され、「2019年から2022年までの毎年、沖縄慰霊の日(6月23日)を含む一週間を「沖縄週間」とし、沖縄の宣教課題を具体的に共有する祈りやポスターなどを作成して全国の諸教会で用いる。」と決議されました。

この決議に基づき、本年も日本聖公会全教区の教会・伝道所・礼拝堂に連なる皆さまとともに、沖縄の苦難の歴史と記憶を継承し、沖縄の現在に思いを寄せ、主の平和を求めて歩むことができれば幸いです。

沖縄の本土復帰50周年を迎えた本年、新聞各紙の特集やNHK連続テレビ小説でも沖縄が取り上げられています。
また沖縄教区も日本聖公会への移管50周年という節目を迎えています。
一方でウクライナからは命が奪われた悲しみが伝えられています。わたしたちが主による平和の器としてますます整えられますよう、この沖縄週間が用いられますことを願ってやみません。

つきましては、貴教会・伝道所・礼拝堂におきまして、ポスターの掲示・配信、また「沖縄週間の祈り」を代祷に加えていただく等、会衆の皆さまにご周知くださるよう お願いいたします。

また「沖縄週間/沖縄の旅」は本年もオンラインにて開催します。ポスターに概略を掲載しましたとおり、6月22日(水)23日(木)の両日19:00から90分ほどを予定しております。内容等の詳細は下記リンク先の案内をご参照ください。

★2022年沖縄週間/沖縄の旅 Webプログラムのご案内
https://www.nskk.org/province/blog_pdf/2022okitabi.pdf

皆さまのお働きのうえに、主の豊かな御守りがありますようお祈りいたします。

主にあって

2022年 復活節

日本聖公会
正義と平和委員会
委員長
主 教 上原榮正
沖縄プロジェクト担当
司祭 小林祐二



沖 縄 週 間 の 祈 り

歴史と生命の主である神よ、わたしたちを平和の器にしてください。
嘆きと苦しみのただ中にあなたの光を、
敵意と憎しみのただ中にあなたの愛と赦しをお与えください。
わたしたちの出会いを通して悲しみの中に慰めを、痛みの中に癒しを、
疑いの中にあなたへの信仰を、主よ豊かに注ぎ込んでください。
この沖縄週間を通してわたしたちを新たにし、
あなたの示される解放と平和への道を歩む者としてください。
わたしたちの主イエス・キリストのいつくしみによって、
このお祈りをお献げいたします。 アーメン


日本国憲法 第2章 戦争の放棄 第9条

〔戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認〕
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


日本聖公会 沖縄教区
日本聖公会 正義と平和委員会

2022.05.20 | 沖縄週間

2022 「地球環境のために祈る日」のご案内

22chikyu.jpg

+主の平和がありますように。
不安や戸惑い、困難の中にあるすべての人々に、主のご復活の希望が届けられますように祈ります。

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所における事故から11年が経ち、汚染水の海洋放出についても国内外で大きな批判の声があげられています。自然環境を破壊し、多くの人々の安心と安全、人権を奪い続けていることを、私たちは再認識したいと思います。また、沖縄の辺野古への新基地建設においても、民意に反した甚大な環境破壊が行なわれ、戦没者の遺骨が含まれる土砂を使用しないように宗教者が抗議の声をあげています。

日本聖公会は、「原発のない世界を求める国際協議会」(2019年5月)を開催し、第65(定期)総会(2020年10月)において、「原発のない世界を求める国際協議会」声明に賛同し、「原発のない世界を求める週間」の設置を決議しました。

神さまは私たち人間に、自然を大切に管理することを委ねられました。しかし、私たちの多くは経済的な豊かさを優先させ、自然を乱暴に扱い、取り返しのつかない環境破壊を行っています。今一度、自らの生活を振り返り、神さまの被造物である自然と調和し、地球環境を保護しつつ生きる生き方を祈り求めたいと思います。世界の聖公会でも「宣教の5指標」の5番目として、「被造物の本来の姿を守り、地球の生命を維持・再生するために努力すること」をあげて様々な取り組みが行われています。


今年の「地球環境のために祈る日」は、6月5日(聖霊降臨日、6月5日の国連「世界環境デー」の直近の主日)、その後1週間が「原発のない世界を求める週間」です。

原発問題プロジェクトでは、「原発のない世界を求める週間」のプログラムを企画しています。各教会におかれましても、6月5日の主日で、以下の「地球環境のための祈り」をおささげいただき、『オンラインフォーラム「原発はやめようよ」公開プログラム(6月5日)』にもぜひご参加ください。

オンラインフォーラム「原発はやめようよ」公開プログラム
日時: 2022 年 6 月 5 日(日)16:00〜18:00
    16:00 開会の祈り、映像による被災地紹介
    16:30 講演:
原発からの命の守り方
〜「平和のうちに⽣存する権利」を⼿放さないために私たちができること〜
    講師: 森松 明希子 さん
参加費: 無 料
参加方法: 公開プログラム YouTube(ライブ配信)をご視聴ください。
→詳しくはこちら(PDF)


地球上の「誰一人取り残さない」という理念は、教会が大切にしようとしている宣教の課題ともとつながります。


日本聖公会正義と平和委員会
委員長 主教 上原榮正
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 矢萩新一




【地球環境のための祈り】

天地万物を創造された主よ。あなたは、すべてのものを造られ、それらをご覧になり『よし』とされ、祝福されました。そして、その管理をわたしたち人間に委ねられました。しかし、東京電力福島第一原子力発電所による災害が示すように、わたしたちはあなたのご命令にそむき、自らの欲望を満たすために自然環境を乱用し、破壊さえしています。今、そのことの故に世界中の多くの人々が苦しんでいます。どうかわたしたちがあなたのご命令に立ち帰り、あなたによって与えられた自然環境を大切に保全し、後(のち)の世代のために残すことができますように。また、原子力発電所による災害など、環境破壊の被害者の苦しみを取り除き、わたしたちの生活を変え、自然と共に生きることができますように。そして、自然を通じてあなたが現されるご栄光を仰ぎ見ることができるようにしてください。
主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

2022.05.20 | 地球環境のために祈る日

2022「神学校のために祈る主日」を迎えるにあたって

22seminaries.jpg

「神は、その力を働かせて私に恵みを賜り、
この福音に仕える者としてくださいました。」
エフェソの信徒への手紙 3:7 
(聖書協会共同訳)



+主の平和がありますように

日本聖公会では総会の決議によって、いくつかの特定主日が定められ、その働きのために祈りと信施をささげて支える活動を継続しています。

来る5月8日の復活節第4主日は、「神学校のために祈る主日」です。
聖公会神学院とウイリアムス神学館のために祈り、その働きのために当日の信施をお献げいたします。

2022年度は、ウイリアムス神学館で5名、聖公会神学院で2名の方々が学ばれる予定です。
一人ひとりの神学生の学びと生活が、仕える者として整えられますように、すべての教区に聖職志願者が与えられますように、神学教育に携わる人材が増し加えられますように、そして両神学校での学びを支える教授、スタッフの方々の働きの上に、神さまの豊かな導きと祝福・励ましが与えられますようにお祈りください。

主にあって


日本聖公会 管区事務所総主事
司祭 矢萩新一

2022.04.19 | 神学校のために祈る主日

憲法記念日のポスター掲示のお願い

22kenpou.jpg

「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。
彼らは剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず もはや戦うことを学ばない。」
(イザヤ書2章4節)


主の平和

正義と平和委員会・憲法プロジェクトでは、今期もテーマを「9条」、「信教の自由」に絞り、共に学び、祈りたいと願っております。
昨年に引き続き今年も、憲法記念日(5月3日)を迎えるにあたり、ポスターを作成いたしました。ポスターの掲示をどうぞよろしくお願いいたします。

平和憲法である日本国憲法を豊かに用い、主が愛されるひとり一人のいのちを大切にしあう世界へ歩み出す勇気と力をお与えくださいと祈りたいと思います。

このポスターが、憲法を思い起こし平和を祈るひとつのきっかけとなりますように。


日本聖公会正義と平和委員会
憲法プロジェクト

2022.04.19 | 正義と平和・憲法プロジェクト

2022年大斎節

22taisai.jpg

「人の子が、仕えられるためではなく
仕えるために、また、多くの人の
身代金として自分の命を献げるため
に来たのと同じように。」
(マタイ20:28、聖書協会共同訳)



【大斎節】
大斎節は、「信仰的な行いを普段の日よりも強く意識して自己をキリストと他者に献げたり、大斎克己献金をしたり、洗礼志願者となったつもりで教会の信仰を学び直して悔い改め、大祝日の準備としての『紫』の祭色の中を進みながら、喜びの復活日という『白』を目指します。」
(森紀旦著「主日の御言葉」より

イエスさまの命を献げる十字架へのご生涯は、「仕えられるためではなく、仕えるために」ありました。しかもそこには、圧倒的な慈しみと憐れみが伴っています。

「仕えるために」は、神さまの愛を具現化する、キリスト者の究極の生き様を示す言葉です。様々な不安や痛み、災いの中にある世界中の人々に心を寄せて祈り・行動する根拠はここにあります。

自然を含むすべてのいのちを慈しみ、憐れみの心を持ち続けられるように、復活のいのちに信頼して、大斎節の間、「仕えるために」、私たちには何が必要なのかを、ご一緒に祈り求めて参りましょう。


【大斎克己献金】
日本聖公会では1950年から「大斎克己献金」を献げる尊い習慣が守られてきました。
現在、その目的は、
 ①海外諸教会および他の諸教派との宣教協働活動のため
 ②日本聖公会各教区の新たな宣教活動のため
となっています。

新たな宣教活動のためとして、これまでに11の新伝道地・教会が、この献金による支援を受けて誕生し、15の新たな働きが開始され、より充実した働きへと発展させ、地域での宣教活動を継続しています。みなさまの祈りとお支えによって、たくさんの教会や地域宣教が支えられてきたことに心より感謝申し上げます。


+ + + + + + + + + + + +
 2022年度の使途予定
+ + + + + + + + + + + +
① 国内外の宣教協力のため
緊急災害援助、アジア・アフリカ支援、アジア太平洋地域平和と和解、海外在住日本人会衆、海外宣教協働プロジェクト、協働エキュメニカル活動、平和宣教教育活動、その他様々な諸活動のために用いられます。

② 新たな宣教活動のため
「国内伝道強化プロジェクト」と称し、大斎克己献金から1千万円を上限として、祈りと共に新たな宣教の働きに献げ、その働きが更に強められるようにと後押しするものです。
今年は、「東京諸聖徒教会における学童保育及び放課後等デイサービス開設及び、それに伴う旧諸聖徒幼稚園園舎建て替え」計画のために用いられる予定です。地域に根差した宣教の働きのためにお祈りください。

献金袋は目につきやすい壁などに貼り付け、大斎節中の40日間、ことあるごとにお献げください。その日一日の克己(様々な欲望や自己中心的な生き方を克服し、己に克つ)を振り返って「入れる」ことが大切です。お一人おひとりの克己の献げものが復活日に献げられ集められて一つとなり、大きな力となることを憶え、宣教の働きをお支えくだされば幸いです。

今年の大斎節もみなさまの信仰生活を強める有意義な期間となりますように。


日本聖公会管区事務所総主事
司祭 エッサイ 矢萩新一

2022.02.21 | 大斎節

2022年 聖公会生野センターのための主日

22ikuno.jpg

「私たち強い者は、強くない者の弱さを担うべきであり、自分の満足を求めるべきではありません。
おのおの善を行って隣人を喜ばせ、互いの向上に努めるべきです。」
(ローマの信徒への手紙15章1節~2節)


主の御名を賛美いたします。

今年も3月1日(1919年の三・一独立運動の日)の主日に大斎節前主日の信施を「聖公会生野センターの働きのため」、祈りのうちに覚え、おささげくださいますことを感謝申し上げます。

この信施金の由来である朝鮮の三・一独立運動から100年以上がたちました。1984年から始まった日韓聖公会の公式交流は正に友情の交わり以上の兄弟姉妹の大切な関係になりました。新型コロナのために世界中が苦難の中にあり、多くの交わり・取り組みが中断している状況ですが協働の思いを絶やさずに歩んで行きたいと願っています。

日韓関係が非常に悪化している中でも、日韓聖公会の友情は微塵とも揺らいでいません。長年の主にある誠心の交わりの大きな果実であります。「過去に目をふさぐことなく」、未来に向かって歩んで行く時代になっています。

聖公会生野センターは、日本近現代史の中で、朝鮮半島への侵略によって犯した多くの罪に対する懺悔とそれに対する和解への祈りが、在日韓国朝鮮人の多い大阪市生野区での働きとなって、「聖ガブリエル教会」の存在と共に、目に見える形をもって結実した小さな社会宣教共同体の一つです。

今年は聖公会生野センター開設から30年を迎えます。それを記念して様々な取り組みを始めました。学びとして「日韓聖公会の歴史の連続講座」、10月に持たれる「記念礼拝」、障がい者の生活をさらにサポートするための「生活介護事業」、「家庭で楽しめる「のりばん韓国料理レシピ」作成等々の事業を行っています。
そのためにも「30周年記念募金」が日韓聖公会の協力のもとで始まりました。

これからも地域と共に歩みつつ境界を越えて人が人としてお互いを認めある社会のために働きたいと考えております。
主イエスを仰ぎ見る信仰によって地域の人々と共に歩んでいく働きを、生野区NPO連絡会、大阪教区の在日韓国朝鮮人宣教協働委員会、管区の日韓協働委員会、大韓聖公会の社会宣教の働きとの連携や交流を一層深めながら更に進めていきたいとスタッフ一同、心から願っております。

不況の下、財政的には大変厳しい聖公会生野センターの働きですが、神に喜ばれ、福祉の狭間で生きる人々と共に歩む働きをこれからも続けてまいります。皆さまの熱いお祈りとご支援を心よりお願い申し上げます。 

2022年2月5日
聖公会生野センター
理事長 主教 磯晴久
総主事 呉光現

2022.02.18 | 聖公会生野センターのための主日

ハンセン病問題啓発の日

22hansen.jpg

「そこでイエスは、『私が行って癒やしてあげよう』と言われた。」
(マタイ8:7 聖書協会共同訳)


+主の平和がありますように。

全国に広がる教会・伝道所・礼拝堂の上に、ますます神の祝福と導きが豊かにありますようにお祈りいたします。

2004年第55(定期)総会で「ハンセン病問題啓発の日を設け、ハンセン病問題への理解が深まるために祈る件」が可決され、2005年から顕現後第6主日(顕現後第6主日がない年は顕現後の最後の主日)に定められた祈りをささげ、また、ハンセン病問題に理解を深めることを重ねて参りました。2022年は2月13日の顕現後第6主日がその主日にあたります。

ハンセン病に対する聖公会の取り組みはメアリー・ヘレナ・コンウォール・リーやハンナ・リデル等の実践に遡り、宣教師たちの意識の高さを垣間見ることができます。しかし第二次大戦後プロミンの導入により治癒可能な病気であることを知りながら、90年間に及ぶ「らい予防法」の存在を許し、根深い差別と偏見を日本社会の中に残していることに私たちは罪深さを覚えます。現在ハンセン病療養所に入所されている方々は、家族との絆を断ち切られ、社会復帰も許されぬまま生活されています。平均年齢も80歳を超えられ、入所者の方々の人権回復は緊急の課題です。

2016年第62(定期)総会決議で「ハンセン病回復者と家族のみなさまへの謝罪声明を決議する件」が可決され、日本聖公会として正式に謝罪を表明しました。

どうか、2月13日の顕現後第6主日の礼拝で、「ハンセン病問題への理解が深まるための祈り」をおささげくださり、ハンセン病問題に対するいっそうの理解を深めていただければと思います。


2022年1月25日 
人権問題担当主教 主教 入江 修
管区人権問題担当者一同



<ハンセン病問題への理解が深まるための祈り>

慈しみ深い神よ、み子イエス・キリストは病気のために差別された人々を深く憐れみ、み手を差し伸べて癒されました。キリストに倣って生きる者とされたわたしたちは、一人ひとりが大切にされて生きる社会を築こうと願い求めます。ことにハンセン病を患ったために社会から見捨てられ、苦渋の人生を生きなければならなかった人々の苦しみを思います。これまでに、この苦しみに関心を寄せず、また差別する社会を改める働きをしてこなかったことを思い、懺悔いたします。どうか、すべての人々が、この病気の事実、また回復者の現実など、ハンセン病をめぐる問題を理解することによって、み心にかなう社会を建設することができますように、多くの苦しみの中にある人々の友となり歩まれたみ子、わたしたちの主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

2022.01.27 | ハンセン病問題啓発の日

「人権活動を支える主日」についてのお願い

21jinken.jpg

主はこう言われる。正義と恵みの業を行い、
搾取されている者を虐げる者の手から救え。
(エレミヤ書22章3節a、新共同訳)


今年の11月28日は、1996年の第49(定期)総会で定められた「人権活動を支える主日」です。毎年この日を覚え諸教会でお祈り頂き、信施をお献げ下さり感謝申し上げます。

皆様がお献げ下さる献金は、聖公会神学院、ウイリアムス神学館卒業者の新任人権研修会、各教区人権担当者会、人権セミナー等、管区内の働きのため、さらに「同和問題」に取り組む宗教教団連帯会議(同宗連)、また部落解放運動に取り組むキリスト教連帯会議(部キ連)など、他宗教・他教派との活動にも用いられます。

コロナ感染対策のため今年はすべてオンラインで行いましたが、4月の「難民と共に生きる教会」オンラインセミナーでは入管法や収容施設についての学びをすることができました。

8月の新任人権研修会は、総会における部落差別発言についての学びと、寿町公園で炊き出し活動などの奉仕をされている日本キリスト教団神奈川教区寿地区センターの三森妃佐子牧師によるお話しと質疑応答という内容でした。
9月の人権セミナーは、核廃棄物埋蔵処理場の候補地として挙げられている北海道北部(道北地方)の天塩郡幌延(ほろのべ)町の活動から学ぶ取り組みを行いました。
12月に行われる各教区人権担当者会では、各教区人権担当者がそれぞれの活動を報告し各教区の宣教課題を分かち合うとともに、新任人権研修と同じく寿町公園で炊き出し活動をされている三森妃佐子牧師から学ぶ予定です。

全ての者、物を分け隔てなく愛して下さる神様の恵みを分かち合い、互いに愛することが人権の基本です。多くの人権がないがしろにされている世界の中で福音の根幹をしっかりと見据え、あるがままの一人ひとりが大切にされ、お互いを支え合って生きていける社会の実現のために祈り、働く者となりましょう。今年も皆さまのお祈りとご協力をよろしくお願いします。


人権担当主教 主教 入江 修
管区人権問題担当者
植田 栄基
難波 美智子
司祭 倉澤 一太郎
司祭 奥村 貴充

2021.10.28 | 人権活動を支える主日

「社会事業の日」祈りと信施奉献のお願い

21syakai.jpg

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。」
(ローマ12:15、聖書協会共同訳)



+主の平和がありますように

昨年に引き続き今年もCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)蔓延によって様々な対応に追われる年となりました。加えて自然災害もありました。不安な生活をされている方々、支援活動に関わる方々、私たちの生活を日々支えてくださっている方々、ご逝去された方々の魂の平安を覚えてお祈りいたします。

さて、日本聖公会総会決議により、1977年から毎年の特定25の主日(今年は、10/24聖霊降臨後第22主日)を「社会事業の日」と定め、日本聖公会社会福祉連盟に連なる諸施設の働きを覚えて祈り、当日の信施をその働きにおささげしています。今年、社会福祉連盟はコロナ禍での各教会の事情を考慮され、奉献先の推薦をされませんでした。しかし、管区としては総会決議通り今年も信施をおささげいただくこととします。今年の信施は、来年の信施と合わせて定められた施設の働きのためにおささげいたしますのでご了承ください。

社会事業の日設置当初の提案理由には、「キリストの愛によって行われているこれら社会事業は、キリストの救いのみ業の延長線上にあるものであり、キリストの模範にならってなされるところの日本聖公会の礼拝・伝道・奉仕という使命の一部を担っているものであると考える」とあり、2012年の宣教協議会の提言には、「教会の歩みの中で生まれてきた施設(保育園・幼稚園・学校・医療・社会福祉施設など)が宣教の働きであることを再確認し、地域社会においてそれらの施設と協働していきます」と、教会の歩む道のひとつとして提言しています。私たちはこの思いを改めて確認し、日本聖公会に属するすべての社会事業の働きを覚え、神さまの導きと祝福をお祈りしたいと思います。

2021年9月25日
日本聖公会管区事務所
総主事 司祭 矢萩新一

2021.09.28 | 社会事業の日

「青年活動のための日」信施奉献ご協力のお願い

21seinen.jpg

わたしたちは、神の御前で、あなたがたのことで喜びにあふれています。
この大きな喜びに対して、どのような感謝を神にささげたらよいでしょうか。
どうか、主があなたがたを、お互いの愛とすべての人への愛とで、豊かに満ちあふれさせてくださいますように、わたしたちがあなたがたを愛しているように。
(テサロニケの信徒への手紙一 3章9節・12節)



主のみ名を賛美いたします。

日頃は日本聖公会の青年たちの活動を覚え、お支えいただいていますことを心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、様々に困難な状況にある方々に慰めと助けの道が与えられますことを心からお祈りいたします。

青年活動は、各教会や教区での取り組みがベースになりますが、聖公会の枝という恵みの中で、それらの垣根を越えるつながりや思いがネットワークとなり、聖公会員にとって豊かな出会いと経験の機会が与えられています。
聖公会の持ち味を生かしながら、青年たちの経験の機会をたくさん提供できますようにと願いをもって青年委員会は歩んでおります。

青年活動の働きとしては、現在11教区各教区に青年担当者を置いて頂き、情報交換の場を持っております。また全国青年大会、CCEAアジア青年大会、U26などにおいて、学びと祈り、交わりをとおして青年たちがそれぞれ置かれた場所で自身の信仰を見つめ、互いに支え合うことを学んでいます。

今年の活動については、新型コロナウイルス感染症予防を考え、青年活動の計画の見通しがつかず、現段階では開催の日程をお知らせすることが出来ない状況です。しかし会えないからこそ互いの絆の大切さを実感し、オンライン開催での新しいプログラムがなされ、これまでとは違った交わりの形を見出そうとしています。

どうか、このような青年委員会の働きをご理解いただき、青年のための祈祷日を覚え、お祈りとご支援をお願いいたします。
今のこの時だからこそ、貴教会、教区の働き、特に青年の働きが益々祝福されたものとなりますようにお祈りいたします。

2021年6月25日
青年委員会委員長 司祭 千松清美
管区事務所総主事 司祭 矢萩新一

2021.07.14 | 青年活動のための日

«  | HOME |  »

日本聖公会管区事務所

管区事務所 Web site HOMEへ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード